LGBTを受け入れることができる渋谷ならホームレスの人達も受け入れることができる

「LGBTの理解、大事なのは教育」 渋谷区長、世田谷区長、東小雪さん、杉山文野さんと考えるダイバーシティ http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/25/lgbt-event-panel-discussion_n_8382468.html … @HuffPostJapanさんから

LGBTを受け入れることができる渋谷ならホームレスの人達も受け入れることができるなあと、この記事を読んでいて思いました。

「ホームレスの理解、大事なのは語り合い」です。そこに真の理解は無いだろうなあ。実際に私も彼らと話すことで、今までの彼らに対するイメージが変わりましたし、目に映る世界の景色も変わりました。

とはいえ赤の他人と話すことって意外とエネルギーが必要だし、ホームレスの人だとなおさらでしょう。そんな機会をつくるのは非常に難しい。 ブックシェアストリートはそんな状況をふまえて考えられた、彼らと一般の人達をつなぐきっかけ・架け橋になるような存在です。

それでもそこへ行きづらい人のためにブックシェアストリート・カフェというのを考えました。本を寄付するとコーヒーが一杯もらえます。みんなでそこに集まれば話も弾はずです。 ハロウィンの日(10/31)にやるので、仮装して渋谷に来たついでにチラ見してほしいですね。12:00–16:00まで。1日限定です。

ついでに言うとそのカフェでは『本を寄付するとコーヒーが一杯もらえる』という物々交換も体験できます。つまり「お金を介さない経済」を体験することができます。 それをはやく体験したくて今から超ワクワクしてます。

10/31に開催する「ブックシェアストリート・カフェ」の様子は、後程このブログにアップしようと思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.