この記事は「Eureka Advent Calendar 2021」12日目の記事になります。

前回は弊社のBackend Teamマネージャー山下が贈る「2021-eureka Backend Team振り返り」でした。弊社Backend Teamが一年間試行錯誤してきたマネジメントのノウハウを10分で追える記事になっているのでぜひこちらもご覧ください。

こんにちは!Web Front-end Teamの竹内です。チームメンバーからはHead of VR TeamのBOXPと呼ばれています。

去年のEureka Advent Calendar 2020で書かせていただいたVRChatの記事がありがたいことに好評だったため、今回はまた違った方向でVRに関連した記事を書こうと思い立ちAdvent Calendarに参加することにしました。

そのため、去年の記事に続き今回も普段の弊社での業務とは一切関係のない内容になります、あらかじめご了承ください。

はじめに

今年の11月下旬にFacebook社が社名をMetaと改めてメタバース事業へ参入して以降、メタバースという単語を良く耳にすることとなりました。

2000年代にコンピューター上のもう一つの現実としてブームとなったメタバースですが、当時と比べて一般のユーザーが触る事ができるコンピューターの性能が格段に向上していることと同時に、以前はとても高価で一般的ではなかったVR機器がOculus Quest等のように普及し始めている事を背景に、VR技術も暗黙に含んだものとして話されていると思います。

以前紹介したVRChatもメタバースの一つですが、実は現在のある種のメタバースブーム以前からメタバースであることを強調したVRプラットフォームが存在しており、VRChatには無い「メタバースの中で利用するものは、メタバース内で制作できる」と言うとてもユニークな特徴を持ったサービスとして運営されています。

今回はこのユニーク特徴を持つ「Neos」を実際に制作する映像を交えながら、メタバース内でメタバース内のものを制作する体験がどのようなものなのか紹介していきます。

Chrome Devtoolを丸ごと内蔵したようなNeosのインターフェース

--

--

BOXP(Keitaro Takeuchi)

BOXP(Keitaro Takeuchi)

Front-End Engineer at eureka, Inc. / Clojure / Go / TypeScript / https://boxp.tk / aka. BOXP