あの一等地に開所した、すげぇデザイン会社はこうだった

こんにちは。鵜塚です。

秋もだんだんと深まってきましたね。

東京の紅葉名所、明治神宮外苑は

11月下旬がどうやら紅葉の見頃みたいです。

今回はあのファッションの最先端、日本のトレンディな街にできた

ドラフト様を訪問したことについて書いていきます。

場所は明治神宮前駅より徒歩2分。

駅を出て、代々木公園へ向いてゆるやか〜な坂を登っていくと、

右手にソフトバンクショップがあるのはご存知でしょうか?

こちらの2階に、今回開所したようです。

わたし社長になったことがないのでよくわかりませんが・・・

なんだか・・・いろいろと高そうです。

ドラフト様のオフィスが居心地がよく、動けなくなる我々

社長もご満悦でした。

そうそう、ある日手元にある一通のチケットが届いたんです。

なんだろう。これ。

ドラフト様の開所式へのチケットでした。

招待の仕方がお洒落ですね!

そしてみなさま蝶ネクタイがお似合いです!

代表である山下様からさまざまお話をしていただけたのですが、

ここでわたしがその中のひとつをご紹介いたします。

山下様曰く、

『クリエイティブなものは少人数で創るべき。

たくさんの人の手が加わると、それだけ民主的になる』

ということです。なので、

今回の新しいオフィスも、必要最小限の人数で

社員に内緒で進めていったんだとか。

エンターテイナーってかっこいいですね。

もしかすると、私たちの仕事にも、通ずるところがあるかもしれません。

ドラフト様、

素敵な開所式にお招きいただき、ありがとうございました!

いやー、われわれの開所式はどうなるんでしょう。

たのしみですね!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.