算命学,手相占いしてきた

友達と3人とベイスターズとカープの試合を見ようと関内に行ったんだけど,当日券完売だったので中華街ぶらりしようということに.そこで「占いやってみよ!」っていうノリで人生初占いしてもらった.

手相変わるっていうからなーってことで算命学をやってもらい,そのオプションで手相も見てもらえるって感じのプランに.言われたことをまとめておこう.

■仕事編=====
・来年4月からの仕事(ITベンダーで営業)は合わないかも
・30歳手前くらいで良い職に出会える
・1対1の仕事(キャリアアドバイザー,カウンセラー)が向いている

■恋愛編=====
・24歳〜モテる
・結婚は27,8歳のときに良い人に出会う
・相手は真面目で清楚な感じの人が良い
・34歳以降に結婚すると良い(24歳〜モテるから)

■性格編=====
・自由人(頭脳線と生命線が離れている)
・集中力と責任感が強い
・気を遣いすぎて疲れている("今"の話)
・ボランティア精神旺盛
・家族(親)の面倒を見ていく

■その他=====
・90〜95歳くらいまで生きる
・先祖に見守ってもらっている(神秘十字っていう線があるらしい)
・芸術系の分野で力を発揮するかも(自由人...などのくだりから)

てな感じのことを言われた.
初めて占いをしてもらった感想としては「おおおおおお」って感じ笑

一般的に言われているのって「当たり障りのないこと言ってるんだよー」みたいなことだけど,僕はそう感じなかったなー

例えば,一緒に行った友達で元カノが忘れられないって人は,手のひら見せた瞬間「あら〜夢見る少年ロマンチストだね.あなた優柔不断でしょう」って言われてたし,ボランティアって言われたのは,母校でコーチやってる僕だけだった.

関係ないかもだけど,内臓や肩や腰の不調って手や足のツボとリンクしてたりするし,めっちゃ集中する人とか全然決められない人とかってそういう風に手のシワがなっていくのかなーなんて思ったりしたわ.

これが当たっているかなんてわからないけど,カウンセリング的にとてもいいなって思った.
それに僕のスタンスとして「歴史が証明してるでしょ」的なのがあって,ことわざとかも「本当に頓珍漢なこと言ってたら何百年も語り継がれてないよ.これだけ言われ続けているんだからそうなんでしょう」みたいな捉え方するから,そういう意味でも僕は割りと受け入れるタイプかなと.

ただこれって,言わずもがな占い師にも依存するなーと.
例えばこれは占い師じゃなくて仲良くしている後輩ママに言われたことなんだけど,「早く結婚して早くパパになれば良いパパになると思う」って.

ブラックスワン的というか後付けっぽくなるかもしれないけど,これってそれもそうなのかなーと思った.
つまりさ,「これからモテる.だからその間は結婚しないで,30過ぎに落ち着きな」っていうのと「モテる.だから色々見てキョロキョロする前に結婚してパパにまでなっちゃいな」みたいな話なのかなと.

例え気休めだとしても,何かを考えるとき,決定打がないときの指標にできるのは拠り所よね.転職しよう!とか思っても何月がいいか,みたいな決定打ってないからさ,そういうときに何月が運勢いいよ!とか言ってもらえると背中押される.

社会人になった頃にもう一回行ってみようかな.

ちなみに僕は算命学の十二大従星のエネルギーの強さでいうとMAXの「天将」らしいです.