パブリケーションをフォローされると妙に嬉しい。

ぼく個人をフォローしていただく以上に嬉しくなる感覚が確かにある。

まだまだアウトプットが少ないので、「パブリケーション内の言葉」と「それ以外の言葉」での違いはハッキリは出てきていない。

それでも、今書いているようなちょっとした言葉はパブリケーションには入れていかないだろうな。

今後、どのように方針が変化していくかは自分自身でも読めないけれど、パブリケーションの言葉として出すものは「作品」という感覚がより強い。

「読んでみてください!どうぞ!」っていう気持ちで[Publish]ボタンを押してる。