Mediumを使ってみた感想

まだMediumを初めて間もないですが、とりあえず今感じていることを書いておきます。

Mediumはプレビュー画面が存在せず、編集画面がそのまま公開されます。今までブログはプレビュー画面が存在するものという先入観がありましたが、Mediumはその先入観を壊してくれました。

今までブログはMarkdownで書くものだという先入観がありました。しかしMarkdownは様々な方言が存在していて、意外とポータビリティがない形式であることはある程度知識があれば知っていることと思います。Markdownに縛られずに、普通に書けばそのまま公開できるという感覚を思い出しました。

全くMarkdownが使えないというわけではなく、箇条書きなどはMarkdownの記法がそのまま箇条書きを行うショートカットになっています。これはMarkdownというより、Markdownの元になったメールでの記法を元にしている気がします。

それでも長文を書くときはMarkdownで一度書いてから、と考える人もいると思います。私もそうです。MediumではHTMLをコピペしたり、ブラウザなどからコピペすればそのまま動きます。画像などもMediumに上げ直してくれるので何も考えずにコピペするだけで十分です。私はMarked 2 — Smarter tools for smarter writersというMacアプリでMarkdownをプレビューしています。書いたMarkdownをMarked 2のプレビュー画面に表示して、そこからMediumにコピペするだけでいい感じにしてくれます。反映されるのはHTMLの方なのでMarkdownの方言に悩まされることもありません。

またtwitterやGoogle Mapの埋め込みなどは特殊な記法も何も必要なく、ただURLを貼り付けるだけで全部いい感じにしてくれます。深く考える必要はありません。プレビューもちゃんと出来るように工夫されています。これははてなブログを使っているときにはなかったので、はてなブログでは頻繁にプレビュー画面を見ながら確認をしていました。Mediumではそんなことをする必要はありません。

またStatsでそれぞれの記事がどれくらいのPVで実際に読まれているのかなどのアクセス解析的な機能が提供されています。書く側としてはモチベーションの維持につながるので非常に嬉しい機能です。

今まではてなブログに大きな不満が無かったので他のサービスを使おうとしていませんでした。しかしMediumを使うとそのモダンさに驚かされました。MarkdownやHTMLの知識などブログを書くのに必要ありません。普通に書いて、貼りたいコンテンツがあればURLを貼るだけ。これでちゃんとした文章が書けます。これがブログの理想型という感じがします。

今使っているブログに大きな不満がないという場合でも是非一度使ってみて欲しいサービスです。思った以上に書きやすくて驚くと思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.