先日のFutureverseの発表により、CENNZnetコミュニティからいくつかの重要な質問が寄せられています。以下は、何が起こっているのかをより理解するための情報です。

Futureverseとは何か?

Futureverseは、真のオープンメタバースを構築するために必要なツール、インフラ、ワールドクラスのコンテンツを提供することを目的とした独立したプロジェクトです。

いくつかの重要な要素で構成されています:

ルートネットワーク:メタバースとゲームフィに最適化された分散型ブロックチェーンネットワークです。

分散型アイデンティティ、委任、通信( …

--

--

CENNZnetにスマートコントラクトが登場!CENNZnetの最新モジュールは、CENNZnetのコアランタイムモジュールと同様に、スマートコントラクトを用いたCENNZnet DAppsを構築できることを意味します。

さらに私たちののEVMスマートコントラクトモジュールは、Ethereum のイエローペーパーに記載されているEVMの仕様を実装しています。つまり、CENNZnet は Solidity で書かれたスマートコントラクトを読むことができ、Ethereum から CENNZnet への DApp の移行が非常に簡単になります。EVMモジュールはEmeryブリッジと並んで、CENNZnetをEthereumユーザーの大規模なコミュニティとスムーズに統合し、CENNZnetをEVM互換ブロックチェーンにするものです。

EVMスマートコントラクトモジュールとは?

EVMとは、Ethereum Virtual Machineの略です。EVMは、Ethereumブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するために、開発者が使用することが求められる仕組みです。EVMの仕組みは、SolidityやVyperで書かれたスマートコントラクトを読み込みます。

CENNZnet のブロックチェーンにスマートコントラクトを採用するために、CENNZnet チームは独自の EVM メカニズムをブロックチェーンランタイム内に構築しました。この EVM は CENNZnet ブロックチェーンプロトコル内で動作し、Solidity スマートコントラクトを読み込んで CENNZnet 上で実行することが可能です。これにより、CENNZnet の開発者はスマートコントラクトの機能を利用できるようになり、また、これまで Ethereum 向けに書かれていたコードが、CENNZnet ブロックチェーン上でネイティブに実行できるようになりました。

CENNZnetでスマートコントラクトを実現するために、なぜEVM機能を選択したのか?

CENNZnetにスマートコントラクトの機能を持たせる方法はいろいろありますが、なぜEVMの仕組みを選んだのでしょうか。

明確な理由はいくつかあります。まず第一に、CENNZnet のユーザーは、歴戦のスマートコントラクトを利用することができます。技術的に優れたスマートコントラクトの仕組みはいくつかありますが、同じレベルのセキュリティテストを行っているものはありません。例えば、Solanaで起きた3億2000万ドルのハッキングは、EVMほど厳格なテストを行っていない独自のスマートコントラクトシステムを持っていたためです。スマートコントラクトは、その性質上、多くの機密情報を保持しているため、厳重なセキュリティが絶対的な鍵になります。

EVMの互換性は、ブロックチェーン開発者にとっても大きな利点があります。ウォレットやイーサリアムのライブラリなど、既存の成熟したツールにDAppビルダーがアクセスできるようになるのです。これらのツール、あるいはスマートコントラクト/DApp全体をそのまま使用し、EVMモジュールを使用してCENNZnetにデプロイすることができます。このようにDAppやツールの移行が簡単にできることは、CENNZnetのユーザーを増やし、クロスブロックチェーンのDAppを実現するために非常に有効です。

EVMスマートコントラクトモジュールのメリット

リスト形式でCENNZnetがEVMをサポートすることは、いくつかの重要な意味を持ちます。

イーサリアムのコードとインフラにアクセスできます

CENNZnet DAppの開発者は、CENNZnet DAppを構築する際に、Ethereumのエコシステムが構築したコードとインフラを利用することができます。

簡単なDAppの移行

イーサリアムDAppの開発者は、DAppをCENNZnetに簡単に移行することができ、より速い取引速度と低い取引手数料を実現することができます。

自分のお好きな言語で

Solidity の開発者は、CENNZnet 上で開発する際に、お気に入りのツールを使い続けることができます。

CENNZnet 上でスマートコントラクトを実現します

EVM モジュールにより、スマートコントラクトのコードから CENNZnet モジュールを呼び出すことができます。つまり、CENNZnetのランタイムモジュールの上に、独自のオンチェーンロジックを作成することができます。

EVMモジュールとランタイムモジュールの選択

EVMモジュールは、DApp開発者に構築方法の選択肢を提供するようになりました。

EVMモジュールまたはランタイムモジュールを介してスマートコントラクトを使用してDAppを実装することができるようになりました。では、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

要するに、何を求めているかによるのです。

ランタイムモジュールは CENNZnet 上で開発する上で最も効率的で費用対効果の高い方法である。すべてのランタイムモジュールはRustで書かれており、ブロックチェーンのプロトコルに高度に最適化されています。また、ランタイムモジュールは、一般的なDAppの機能の一部を提供し、シンプルなJavaScriptのAPIで簡単にアクセスできるようになっています。(CENNZnetランタイムモジュールの機能一覧はこちら) これは開発時間を大幅に削減することができるので、すべての開発者に、独自のスマートコントラクトを書く前に、問題がすでに解決されていないかどうか、モジュールに目を通すことをお勧めします。

EVMスマートコントラクトモジュールは、より高い柔軟性を備えています。独自のカスタムロジックを作成し、いつでもデプロイすることができます。また、EVMでは、Solidityや、より馴染みのあるEthereumのツールを使用することができます。た、スマートコントラクトからCENNZnetモジュールを呼び出すことができるため、CENNZnetモジュールのパワーと既存のEthereum DAppsを組み合わせることができます。

EVMスマートコントラクトモジュールを使い始めるにはどうすればよいですか?

CENNZnetでスマートコントラクトを構築するためには、こちらのスマートコントラクトガイドに従ってください。

--

--