Cathy Breed

CENNZnetにスマートコントラクトが登場!CENNZnetの最新モジュールは、CENNZnetのコアランタイムモジュールと同様に、スマートコントラクトを用いたCENNZnet DAppsを構築できることを意味します。

さらに私たちののEVMスマートコントラクトモジュールは、Ethereum のイエローペーパーに記載されているEVMの仕様を実装しています。つまり、CENNZnet は Solidity で書かれたスマートコントラクトを読むことができ、Ethereum から CENNZnet への DApp の移行が非常に簡単になります。EVMモジュールはEmeryブリッジと並んで、CENNZnetをEthereumユーザーの大規模なコミュニティとスムーズに統合し、CENNZnetをEVM互換ブロックチェーンにするものです。

EVMスマートコントラクトモジュールとは?

EVMとは、Ethereum Virtual Machineの略です。EVMは、Ethereumブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するために、開発者が使用することが求められる仕組みです。EVMの仕組みは、SolidityやVyperで書かれたスマートコントラクトを読み込みます。

CENNZnet のブロックチェーンにスマートコントラクトを採用するために、CENNZnet チームは独自の EVM メカニズムをブロックチェーンランタイム内に構築しました。この EVM は CENNZnet ブロックチェーンプロトコル内で動作し、Solidity スマートコントラクトを読み込んで CENNZnet 上で実行することが可能です。これにより、CENNZnet の開発者はスマートコントラクトの機能を利用できるようになり、また、これまで Ethereum 向けに書かれていたコードが、CENNZnet ブロックチェーン上でネイティブに実行できるようになりました。

CENNZnetでスマートコントラクトを実現するために、なぜEVM機能を選択したのか?

CENNZnetにスマートコントラクトの機能を持たせる方法はいろいろありますが、なぜEVMの仕組みを選んだのでしょうか。

明確な理由はいくつかあります。まず第一に、CENNZnet のユーザーは、歴戦のスマートコントラクトを利用することができます。技術的に優れたスマートコントラクトの仕組みはいくつかありますが、同じレベルのセキュリティテストを行っているものはありません。例えば、Solanaで起きた3億2000万ドルのハッキングは、EVMほど厳格なテストを行っていない独自のスマートコントラクトシステムを持っていたためです。スマートコントラクトは、その性質上、多くの機密情報を保持しているため、厳重なセキュリティが絶対的な鍵になります。

EVMの互換性は、ブロックチェーン開発者にとっても大きな利点があります。ウォレットやイーサリアムのライブラリなど、既存の成熟したツールにDAppビルダーがアクセスできるようになるのです。これらのツール、あるいはスマートコントラクト/DApp全体をそのまま使用し、EVMモジュールを使用してCENNZnetにデプロイすることができます。このようにDAppやツールの移行が簡単にできることは、CENNZnetのユーザーを増やし、クロスブロックチェーンのDAppを実現するために非常に有効です。

EVMスマートコントラクトモジュールのメリット

リスト形式でCENNZnetがEVMをサポートすることは、いくつかの重要な意味を持ちます。

イーサリアムのコードとインフラにアクセスできます

CENNZnet DAppの開発者は、CENNZnet DAppを構築する際に、Ethereumのエコシステムが構築したコードとインフラを利用することができます。

簡単なDAppの移行

イーサリアムDAppの開発者は、DAppをCENNZnetに簡単に移行することができ、より速い取引速度と低い取引手数料を実現することができます。

自分のお好きな言語で

Solidity の開発者は、CENNZnet 上で開発する際に、お気に入りのツールを使い続けることができます。

CENNZnet 上でスマートコントラクトを実現します

EVM モジュールにより、スマートコントラクトのコードから CENNZnet モジュールを呼び出すことができます。つまり、CENNZnetのランタイムモジュールの上に、独自のオンチェーンロジックを作成することができます。

EVMモジュールとランタイムモジュールの選択

EVMモジュールは、DApp開発者に構築方法の選択肢を提供するようになりました。

EVMモジュールまたはランタイムモジュールを介してスマートコントラクトを使用してDAppを実装することができるようになりました。では、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

要するに、何を求めているかによるのです。

ランタイムモジュールは CENNZnet 上で開発する上で最も効率的で費用対効果の高い方法である。すべてのランタイムモジュールはRustで書かれており、ブロックチェーンのプロトコルに高度に最適化されています。また、ランタイムモジュールは、一般的なDAppの機能の一部を提供し、シンプルなJavaScriptのAPIで簡単にアクセスできるようになっています。(CENNZnetランタイムモジュールの機能一覧はこちら) これは開発時間を大幅に削減することができるので、すべての開発者に、独自のスマートコントラクトを書く前に、問題がすでに解決されていないかどうか、モジュールに目を通すことをお勧めします。

EVMスマートコントラクトモジュールは、より高い柔軟性を備えています。独自のカスタムロジックを作成し、いつでもデプロイすることができます。また、EVMでは、Solidityや、より馴染みのあるEthereumのツールを使用することができます。た、スマートコントラクトからCENNZnetモジュールを呼び出すことができるため、CENNZnetモジュールのパワーと既存のEthereum DAppsを組み合わせることができます。

EVMスマートコントラクトモジュールを使い始めるにはどうすればよいですか?

CENNZnetでスマートコントラクトを構築するためには、こちらのスマートコントラクトガイドに従ってください。

--

--

真のコミュニティ・オーナーシップと完全な分散化は、CENNZnetのミッションの中心を成しています。私たちは、オンチェーン分散型ガバナンスモデルを提供する最初のブロックチェーンの1つであることを誇りに思っています。

選定評議会は、CENNZnetのガバナンスを推進する中心的な組織です。この記事では、評議会とは何か、評議員の資質、その任務、評議員の選挙プロセスについて学びます。

選定評議会とは?

CENNZnetのオンチェーンガバナンスモデルは、評議員と呼ばれるオンチェーンアカウントの選定機関によって導かれることになります。これらのアカウントは、様々なコミュニティのトークン所有者によって所有されています。評議会のガバナンスにおける主要な仕事は、CENNZnetのプロトコルにアイデアや変更を提案することと、仲間の評議員によって提案された議案に投票することの2つです。

評議会は CENNZnet プロトコルの方向性を示し、危険または安全でない変更に対しチェーンを保護し、必要な改革と適応を可能にすることが仕事です。

ガバナンスのロードマップの最初のフェーズでは、最大15人の評議員を配置する予定です。この数は2022年以降に50人以上に増加する予定です。

選定評議会は何をするのですか?

評議会はCENNZnetのガバナンスモデルの最初の、そして主要なレイヤーです。選定評議員の任務は以下の通りです。

ブロックチェーンプロトコルの変更を提案すること。

CENNZnetの安全性と革新性を維持するためには、適応と開発が不可欠です。CENNZnet が安全で革新的であり続けるためには、適応と開発が不可欠です。

提案は、コード化された変更、その変更の目的およびチェーン全体にどのような利益をもたらすかを他の評議員に知らせる詳細な説明を含め、徹底的なものでなければなりません。

この段階での提案は、ブロックチェーン・プロトコルにのみ関係するものです。つまり、ブロックチェーン自体のロジックと機能に関連するアクションです(より広範なデザインの変更やマーケティングのアイデアではありません)。そのため、評議員は運営資金の配分から開発作業、例えば新しいランタイムモジュールの提案やNFTのミンティングなどのトランザクションの提案まで、あらゆることに投票することができます。

提案できるのは評議員だけですが。コミュニティーは、議員に懇願してアイデアを出してもらうことができます。このように、評議員はコミュニティの代弁者としての役割を担っているのです。

仲間の評議員からの提案に投票する。

提案が可決されるには、評議会の50%以上の賛成が必要です。評議会は、CENNZnetブロックチェーンの保護と強化に役立つ提案のみがより広いコミュニティに提出されることを保証する、重要な第一のセキュリティ層として機能します。

評議員が積極的に行動し、すべての議案を慎重に検討した上で投票することが非常に重要です。いったん提案が(議会で、そしてコミュニティで)可決されると、その提案はチェーンで実行されることができます。つまり、危険な提案や安全でない提案が承認されれば、チェーン全体が危険にさらされる可能性があるのです。評議会は理論上、以前の提案を取り消すことを提案できますが、これには時間がかかります。

議案が評議会の50%以上の賛成で可決されると、その議案はトークン保有者のコミュニティーに広く伝えられます。コミュニティはその議案に対して拒否権を持ちます。拒否権が行使されない場合、その提案は事前に合意された時期にチェーンによって制定されます。

評議会の資質はどのようなものですか?

評議員は、CENNZnetブロックチェーンのバックボーンであり、チェーンが安全で適切であり続けるために不可欠です。また、チェーン・コミュニティ全体の利益を代表する存在でもあります。これらの理由から、評議員はいくつかの重要な資質を持ち合わせ、コミュニティによって正式に選出されなければなりません。

こんな評議員を求めてます。

  • CENNZnetにステーキングていること。CENNZnetの支持を表明するためには、最低でもCENNZnetのステーキングしていることが必要です。
  • ブロックチェーンに強い関心を持っていること。多くの議案が技術的なものであるため、十分な情報を得た上で意思決定を行うには、ブロックチェーンに関する十分な理解が必要である。
  • 調査や議論に時間をかけることを厭わないこと。評議員は、仲間の提案について考え、研究する時間が必要です。
  • CENNZnetのコミュニティに忠実であること。評議員は、CENNZnetについて決定される際の最初の行動拠点となる。したがって、コミュニティ全体を代表し、CENNZnetを可能な限り成功させたいという真の願望を持つことが必要である。
  • 多様性。評議会には、様々な意見や経歴を持つ人がいることが重要です。これにより、できるだけ多くの視点と経験を意思決定プロセスに取り入れることができるようになる。

どなたでも、選定評議員の一員になることができます。応募された方は、以下のプロセスを経て、晴れて評議員となることができます。

1.Discordチャンネルに参加する。選挙プロセスに関するすべての情報は、私たちのガバナンスチャンネルに投稿されます。

2.あなたのI D確認をする。私たちの評議員がブロックチェーンの維持に既得権を持つ実在の人物であることが重要です。ネットワークの安全性を確保するために、私たちは新しいIDモジュールを使用して評議員候補者を確認する予定です。

3. 申請フォームに記入します。このフォームはあなたに提供されます。

4.CENNZnetチームによる審査。回答はまずCENNZnetチームによって審査されます。その結果、最も優れた候補者がコミュニティによる選挙のために推薦されます。

5. CENNZnet コミュニティによる選出。Discord上で総選挙が行われます。コミュニティはあなたの応募フォームを読み、お気に入りの候補者に投票することができます。

注意:すべての評議員は、CENNZnetでアクティブなステーカーである必要があります。

評議会の選出はいつ行われますか?

ガバナンスを実現する技術は、ほぼ完成しています。そのため、2022年1月には最初の評議会選挙を実施できると見込んでいます。

その間に、次のような準備をすることができます。

Discordチャンネルに参加する

ガバナンスについてもっと学ぶ

CENNZnetブロックチェーンについて学ぶ

CENNZnetのステーキングをする

--

--