レスポンシブデザインするならSassが便利だよ

レスポンシブデザインに限ったことじゃないんだけど、やっぱりSassが大変便利なのよという話。

レスポンシブデザインを作るには、mediaqueryを使ってデバイス(正確には画面サイズ)に合わせて書き分ける必要があるんですけど、普通に書くと煩雑になっちゃいます。そこでSassでmixinを作ってやると、これが存外スマートに書けるわけです。

うちでレスポンシブデザインのサイトを作るとき、こんな感じのmixinを採用しているよという例が以下。

あとは、includeで呼び出して記述するだけ。それぞれincludeしてその中にスタイルを記述してもいいし、

みたいな感じで書いてもOK。「レスポンシブめんどくせー」ってなってる人は、ゴリッとSassってしまえばいいと思います。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store