クリエイティビティはなぜ必要で、どのような意味があるのだろうか。

クリエイティビティとは何かを考えてみる。

Creativityとは自分の潜在的な能力を何らかの形で具現化する力です。

人は生まれながら異なった能力をそれぞれ持っています。

ただ、そのポテンシャルは最大限まで引き出すには、訓練が必要です。

時間をかけてコツコツと誰もが出来ないまでその力を養っていなければなりません。

Elite DailyのJames Clearさんは以下の6つの方法を説明しています。

1、とにかく10年は取り組む

クリエイティブなブレイクスルーを達成するには10年以上取り組む必要があるという。この現象をジョン・ヘイズ教授は「沈黙の10年」と説明している。

2、ダメだと思っても作り続ける

素晴らしいものを作り出す家庭は、金を掘り出すことと似ているという。

何トンも何トンも土と岩を運び出した末にようやく小さな黄金を入手できるという。

3、無数の平凡なアイデアでも出し続けることが大切

「ひらめきを持つのはアマチュアだ。プロはただ仕事をする。」-チャック・クローズ

4、最後まで完成させる

どんなアーティストも、アスリートも、起業家も、科学者も、未完成だけで評価された人はいない。

5、自分の作品を認める

「執筆している時はいつも、腕も脚もない、クレヨンを口にくわえている人になったような気分だよ」-カート・ヴォガネット

6、作ったものは人に見せる

「アイデアは人に見せよう。奪われることのリスクより、見てもらうことによるメリットの方がずっと大きい」-マイク・トラップ

最善の努力をしようと思うようになり、フィードバックも得られる。

クリエイティビティは地道な努力によって生まれるものなのかもしれない。そして、その一つ一つの行動を認めて、作品は時間をかけて暖めていくものなのかもしれない。

Like what you read? Give Charles Hatake a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.