「実行タスクに対して必ずメモ残すために、ちょっとした工夫をしてみたねん。

いや、それまでもなんとなーくはメモ残しててんで。でも、メモ残すタスクもあれば、めんどくてメモ書かずに完了させてまうタスクもあり、、、ってそんな感じやってん。
 でもな、半年くらい前かな。『初速思考』て本を読み返してて、各タスクに対して、ちゃんとメモしていこうと思ってん。
 どこ読んでやったかなー、あ、ここやここ。55ページ。

「振り返り」というと、どうしても面倒なイメージがあるかもしれません。そこで私は、1行でもいいから記録しておくという工夫をしています。

これ読んで、あぁ、1行だけメモしといたら、メモも残しやすいしあとで見返しもしやすいかも、と思てん。
 なかなか時間取られんやんか。メモ書く時間も、見返す時間も。
 だからってなんもせんかったら、今やってることから得たことはすぐに忘れてまう。
 1行だけならなんとかなりそうって思えるし、真似しようと思ってん。

。。。あぁ、表示されるな、確かに。それそれ、その画面な。

でもメモはその画面ではしてないねん。
 確かに「たすくま」は、タスクを完了させるとメモ画面になって、メモ書くのん促してくれるよ。その完了画面使ってメモを書いてってもいいんやけど。。。今は、ちょっと手間やけど別のアプリでメモ書いて、たすくまの完了画面にペーストしてメモ残していってるねん。かれこれ半年くらい。

いや、いう通りちょっとめんどうやよ。めんどうやけど。ちょっと気になってまうねん。ほんま細かいことやねんで、むちゃ細かいことやねんけど。
 というのも、たすくまの完了画面表示してるときって、今までやってたタスクは完了してもうてる。でも、次のタスクは開始してへんって状況、つまりは、何も計測されてへん状況なわけやろ。空白の時間ができてもうてるわけやん。それが、ちょっといややねん。
 せっかく時間のログをずーっととり続けてる、空白の時間がないようにタスクをこなしていってるねんから、完了画面はすぐ閉じて次のタスクを開始させたいやん。
 細かいことやけど、な。
 完了画面をはよ閉じたいから、自然と書き残すメモも短くなってまうやん。短くなってまうし、「あぁそんなんやったらもう書かんでえぇや」ってなりやすいやん。書かんかったら空白の時間はほぼなしで次いけるわけやし。

いやな、そんな1分1秒ももらさずに、タスクに取り掛かってる猛者ではないよ、そうじゃないけど、でもやっぱ空白の時間を許してもうたら、そこからズルズル空白が長くなってもうたりするやん。
 付け入る隙はなくしていかんと。
 自分はただでさえすぐ自分に甘えてまうのに、隙があったらよけい甘えていってまうやん。
 甘えが隙に付け込んできよるやん。
 確か今おまえにかしてる本にも書いてあったと思うねん。「象と象使い」が印象的な、、、そうそう、「スイッチ!」な。
 あ、今持ってんの?ちょっとかして。
 あったあった。「白黒の目標」やな。118ページから119ページか。

あいまいさが象に言い逃れの余地を与え、失敗を正当化しやすくする。このジレンマに対処するひとつの手は、超明確な目標を定めるという方法だ。
 …
 自宅や職場で正当化が心配なら、目標からあいまいさをそぎ落とす必要がある。「白黒の目標」が必要だ。

白か黒か、書かれているタスクをやっているかやっていないか。グレーな空白の時間とかあったらあかんねん。
 すぐ付け込んできよるからな。

まぁあとは、単純に他のメモ専用のアプリで書くほうが書きやすいってのが理由やな。
 メモに特化してるアプリって、いろいろ書きやすくする機能とかついてるから。
 ぼく使ってるんは「Textwell」やねんけどな。そう、好きやねんこのアプリ。iPhoneで何かしら書くとき、こればっか。
 最近「アクションバー」って機能付いて、普段よく使うアクションはキーボードの上に表示してくれるようになったし、ますます使いやすなってきてるし。

ぼく、iPhoneで何か書くってとき、ほぼ必ずTextwell使うから、Textwellを起動させたら何かしら書こうと思うねん。で、今までやってたタスクに関するメモを書く。たすくま起動させてペーストする。と、たすくまにメモが蓄積されていくやろ?各タスクに対して、メモが最低でも一行残っていく。
 空白の時間をなくすためにも、メモをちゃんと残していくためにも、ほかのアプリでメモを書いてからたすくまでタスク完了させて、完了画面でメモをペーストしてるって手をとってるねん。多少は手間やけど、実際そのほうがタスクにメモを残せていってるから、必要な手間やね。
 で、このメモを利用して「アクションリスト」を作っていくわけやん。あ、「アクションリスト」も『初速思考』に書いてたんやけどな。
 まぁ、アクションリストとか別に作らんでも、実際ぼくもそんなガシガシ作ってるわけちゃうし。
 やったタスクに対して、必ずメモが残っていってるってのがいいんよね。

ただ、たすくま上でメモを見返すのはちょっとめんどいから、WorkFlowyに、、、え?あぁ、ぼちぼち時間か。次のタスクに取り掛からなな。
 見返す話は、また今度ってことで。
 んじゃ、また。」

参考

Taskuma — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

Textwell
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


Originally published at choiyaki.com on September 21, 2016.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.