PV数の高いNAVERまとめの記事が、Twitterで拡散されていない理由

について考えてみました。

もとはというと、僕のaikoのバラードまとめが40万PV弱あるのに150ツイートしかされていなくて、もっというと耳かきのまとめ55万PVあるのに37ツイートしかされてなくて、なんで?ってところか考え出しました。

そういえば、6月にメディアを立ち上げたばかりの弊社、オーガニック検索から一日に何万PVも望めるはずもなく、結局PVの多くはTwitterなどSNSからのリンクに頼っています。PVが重要な指標ではないという議論がある一方で、少なくとも今の弊社の段階でそんなことは言っていられない、とにかく一度僕たちのところに来てねという段階で、試行錯誤の毎日です。なのでどうしても、拡散されるツイートと拡散されないツイートの違いを無意識に考えてしまいます。ある程度のUUに達したらサイトを超えたところでこんなコミュニケーションがあるといいなという部分を作っていきたい一方で、コミュニケーションがあるからUUがある程度になるのかなとか、にわとりと卵の追っかけあいっこが頭の中で続いています。

ほぼ素人がいいものを作りたいという考えだけで運営しているようなものなので、メディアの成長戦略のところで、先輩方各位には本当に教えを請うてアドバイスやら考えていることをお聞きしたいです。

さて本題に。なぜnaverで高いPV数を誇っていても、拡散力は低いままなのか。

ジャンルとツイート拡散は関係しない

やっぱりジャンルとツイートのされやすさは関係するんだろうなと考えるんですが、どうやらそうでもないようです。例えば美女コンテンツは拡散の絶対数が多いけれど、PV数と比較すると拡散率は低い訳です。それに対し、「企業のTwitterアカウントが七夕ツイートですごいことになっていたw」といった、それ面白いか?みたいな記事の拡散率はとても高かったんです。(もちろんPV数自体はそれほど高い訳ではないのですが。)たとえばサッカーというジャンルでも「なでしこが決勝進出!」の記事はぶわって拡散されるんですが、「年棒ランキング発表!」の記事は拡散されていないんですね。

もちろん、PVに対するSNS拡散率が低いということは、検索からやってきたりする人が多いということでもあるので、PVが多ければ拡散がたくさんされているはずと考えるのは浅はかではあります。とはいえ拡散されやすい記事と拡散されにくい記事は事実としてあるので、その違いを考えます。

Twitterでみんなが自慢しているのは、自分の情報感度の高さ

それで、自分がツイートをリツイートしたり記事をURLつきでつぶやく時ってどういう時か考えてみると、それは自分がアーリーアダプターであることを周りに示せるときなんですね。

「ほら俺こんなに面白いものをお前らより先に知ったんだぜ!俺情報感度高いんだぜ!」みたいなのがあると思うんですね。もちろん、ただ単純に共有したいだけの場合もあるけど。

で、この「人よりも先に」というのがとても大事な要素でして、周りよりも先にその情報にリーチできたかの方がリツイートする人は重視しているのではないかと思っています。その記事がいかに面白かろうと、周りがすでに読み終わっている記事ならいちいち拡散しないんです。情報感度を自慢できないどころか時代遅れの烙印を押されかねないですからね。

つまりPV数が高いからといって、拡散される訳ではなくて、結局その情報が周りよりも先に知れたという実感をユーザーが持てることが大切なんですね。

変化があったら、拡散する

とすると、「あなたが今手に入れた情報はとても新鮮ですよ。周りよりもあなたの方が知ったのが早いですよ」というのを作り出せば、拡散してもらえるんじゃないかと思いました。

どうすればいいかというと、記事の題名に「変化」を作り出すことが大切だと思っています。

例えば、「企業のTwitterアカウントが七夕ツイートですごいことになっていたw」と「なっていた」ということは、すごくなかったところからすごいところに行ったという変化が含まれています。それで「変化があったってことはとても新鮮なんじゃないのかこの情報」という錯覚を得てユーザーは拡散しているんじゃないでしょうか。

ニュースとかが拡散されるのもこれなんじゃないかと思います。そういえば、昨日なんかも中国株やばいんじゃねっていうニュースが周りでかなり拡散されていましたが、別にそのニュースの内容を詳しく知ってるかどうかよりも、「そういった情報に素早くリーチした自分」が大切なのです。

逆に、「美女まとめ」はただまとめられているだけで変化が何もないので、拡散しにくいです。この情報は自分の情報感度の高さのアピールになるのか?と考えると、別にそうではないんですね。こういう記事の場合、「美女が美魔女になっていた」みたいな何かしらの変化をつけたら拡散されるんじゃないでしょうか、と頭の中で勝手におもっています。(実際にやってみないとわかりませんが)

ということで、題名には変化をつけたものを出して効果をはかってみようと思いましたという話です。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated にわけんた’s story.