3/18(月) MBSラジオ番組「オレたちやってマンデー」をリアルタイムで視聴するみなさまに、Cipher Cascadeのキャラクターを配布いたします!

また、試験放送の当日 、番組オリジナルキャラクターを番組を聞きながらイベント参加者全員で実際に受け取るパブリックリスニングイベントが開催されることが決定しました!

※イベントに参加されなくてもリアルタイム視聴されている方はキャラクターをゲットできます。

また、本企画は博報堂らと共同プロジェクト「TakenCastRadio」の第一弾です。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000037787.html

「Cipher Cascade」でトークンとして実装されたキャラクターやアイテムの情報を、毎日放送のラジオ番組「オレたちやってマンデー(毎週月曜日深夜0時~放送)」内にて放送。リスナーはトークンポケットのDappsブラウザアプリを使い、放送中にゲームのキャラクターを受け取ることができます。


3月15日(金) 12:00よりCipher Cascade「オープンβ」テストプレイを開始いたしました。予定よりリリースが遅れてしまい、大変ご迷惑をおかけいたしました。

まずはCipher Cascadeのプレイ方法についてご紹介したいと思います。

アカウントの登録方法

Cipher Cascade(以下CC)を始めるには、お手持ちのMetamaskアカウントと連携していただく必要があります。

Metamaskアカウントをお持ちでない方は以下の記事を参考にMetamaskアカウントを作成してください。

【最新】メタマスク(MetaMask)の登録・入出金・使い方を画像で解説

Metamaskのアカウントを作成しログインが完了したら、CCにアクセスしてください。

ヘッダー右上のアイコンをクリックすると表示されるメニュー内の「ログイン」をクリックすると署名リクエストページに自動遷移します。


Cipher Cascadeについて

「Cipher Cascade」は、独自の経済圏でミニゲームなどがプレーできるDAppsゲームです。オープンβ版では、ユーザー同士がミニゲームで対戦できる「Arena」の機能を公開する予定です。ユーザーが所持するキャラクターによるチーム編成と攻撃パターンが勝敗を分けるため、相手の出方を読む駆け引きを楽しめます。

「Arena」での対戦ミニゲームは、キャラクターのチーム編成と自分の攻撃パターンがバトルでの勝利のポイントです。

オープンβリリース時にプレイ方法の詳細記事を出しますのでお楽しみに…!

Cipher Cascadeの世界観

プレイヤーは「$IN $EKAI」という架空の都市の住人となって、独自の経済圏で”サバイバル”していきます。

$IN $EKAIは、暗号技術が支配する欲望と希望が入り混じったサイファーパンクな世界観の都市です。プレイヤーは$IN $EKAIの住人となり、「Cipher Cascade Coin」と呼ばれる通貨で自由に取引や様々なアクティビティを行うことができます。

Cascades達をどんどん仲間に引き入れて自分の最強Cipherを作って戦おう!

Cipher Cascadeの特徴

通常、イーサリアムを活用したトランザクション処理は、ひとつのブロックを生成するのに十数秒時間がかかってしまいます。Cipher Cascadeは、イーサリアムのメインチェーンと連動するサイドチェーンを構築し、トランザクション処理の高速化を実現しているため、ストレスなくゲームをプレイすることを可能にしました。まだまだ通常のソーシャルゲームに比べたら処理速度は遅いかもしれませんが、今後も改善に努めます!

また、サイドチェーン上でトークンを扱うことで、ゲームプレイやトークンアセット購入に必要なガス代が発生しないユーザーフレンドリーな仕様となっております。

イーサリアムのパブリックなブロックチェーン技術を活用することで、ゲーム内のトークンアセットを、ゲーム内外で広く流通させることが可能となり、他のブロックチェーンゲームのゲーマー同士がアセットの貸し借りを行えるようになります。

ゆくゆくはユーザーがゲームプレイに投資したお金や時間、情熱を価値ある形でユーザーに還元できる世界を目指していきます。

まだまだ不十分な完成度ではありますが、オープンβ中も随時アップデートしていく予定です。みなさまのご意見を反映して参りたいと思いますので、オープンまで今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

これからもCipherCascadeをよろしくお願いします!

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store