「そして生活はつづく」「イーロンマスク 未来を創る男」…2017年1月に読んだ本

成人式の三連休あたりから月末にかけて読んだ本です。mediumが完全に読書録となりつつありますが、本当はもっとほかの話題も書きたいと思っているので、次回あたりは違うことを書くつもりです。

年末年始にかけて読んだ本はこちら

子育て本というジャンルになるのかもしれないけれど、こういうのは子どもが生まれてからでは素直に読めないのではと思って今読んでみた。本棚にすでに本がたくさんあってそこから選んで読むスタイルの子より、好きな本を選んで買ってもらう子のほうが読書するみたいな話は本当にそうだと思う。壁が一面本棚の家で育ったけど、子どもの時は却って本読まなかったなぁ。




やっと回収。気づいたら次の次の次の芥川賞が発表されているではないか・・・。舞台は多摩のニュータウン、テーマはおじいちゃんの介護で、共感はできないけれど何かシンクロできる話だった。最後は「ん?」ってなった。


うーんクレイジー。しかしジェフベゾスのほうがクレイジーかなというのが感想。それにしてもこういう起業家の周りには必ずとんでもない女たちがいる。誰かシリコンバレーを舞台にした現代版列女伝を書いてくれないかな。絶対買う。


再読。京都に行くことがあったので気分を乗せるために。なんとも言えない不思議な世界で、心地よくトリップできる。そしてやっぱり京都好きだ。都会なのに山が見えるのがいい。


恥ずかしながらAngry Birds 2にハマってしまって鳥を飛ばしては構造物をぶっ壊す1ヶ月でした。好きなアングリーバードはマチルダです。2月は壊すだけではなく建てることも意識していきたいと思います(羽田圭介と掛けた)。

Like what you read? Give Chika Yokoo a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.