2017年5月、最近読んだ本 よかった10冊ランキング

最近読んだ本 よかったランキング

しばらくぶりの更新です。割り切ってMediumは読書録に徹することにしました。ここ最近読んだ本の中でよかった順にトップ10を紹介します。

  1. みかづき
  2. 逆転のメソッド
  3. 「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法
  4. 極め道~爆裂エッセイ~
  5. サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福
  6. 多動力
  7. 仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか
  8. DREAM WORKPLACE(ドリーム・ワークプレイス) ― だれもが「最高の自分」になれる組織をつくる
  9. HIGH OUTPUT MANAGEMENT
  10. マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

「みかづき」は小学生のころ図書館にこもるきっかけになった森絵都の作品。2017年本屋大賞の第2位に選ばれたことも納得の読み応えがあり、大人になって再び森絵都にやられました。「逆転のメソッド」は青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた原監督の作品。ずっと読もうと思っていて積読してしまっていたのをようやく読了しました。実体験がなによりの説得力で、ちょっとしたマネジメント本よりはるかに学びの多い一冊です。3位と4位は、頭をすっからかんにしたい欲を満たすために。イージーリスニングならぬイージーリーディングといったところでしょうか。5位「サピエンス全史」は6位「多動力」の中でホリエモンがメンションしているので同時に読みこの順位になりました。7位以下はざっと斜め読みで十分だったと感じました。

購入リンクです。


One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.