勝間式超ロジカル家事


今日は、勝間和代さんの最新刊を一気読みしました。

勝間式超ロジカル家事

料理、掃除、洗濯、収納、家計、ファッション、そして健康管理について、すべてロジカルな視点で考え、実験し、何度も改善して得た、もっとも美味しい成果を惜しみもなくこの本で紹介してくれています。

勝間さんは、なにごとも、ロジック、すなわち、仕組みや原則を知ることが大切だと、述べています。

私は現在、英語の教師をしていますが、数日前に、英語教育において、小手先のメソッドにどっぷり浸かるのではなく、ロジックを踏まえて教えることが何よりも大切だと気付いたところでした。

なので、このようなタイミングで、この本に出会えたおかげで、さらにロジックを意識して日々の仕事や家事に取り組んでいきたいと思えるようになりました。

この本に記された目から鱗の情報にワクワクが止まらず、この本に書かれていることを、一つずつさっそく行動に落とし込もうと決めました。

当面は、以下のことに楽しく取り組んでいくことにします。

料理

・「炊飯器調理」を試す

炊飯器肉じゃが

炊飯器ホットケーキ

炊飯器で焼き芋

・魚焼きグリルの活用

簡単フレンチトースト

鶏肉と根菜のグリル

・材料の重さに対して0.6–0.7%量の塩分を加える

掃除

・平日は3時間、週末は丸一日家にいる日を1日つくる

・その日に出たゴミは、その日中にマンションのゴミ収集場所に持って行く

家計

・収入の20%を投資信託に預ける

この本で紹介されていた内容のほとんどに共感したのですが、以下の2点については今後ともリサーチを深めて、自分なりに納得した上で利用するかどうかを決めることにします。

・スチームオーブンの電子レンジ機能

・P&Gの「アリエールパワージェルボール」

これからは、自分が価値を感じるところだけに力を入れて、価値を感じないところには手を抜いて、これまでの完璧主義から脱出することにします。

Like what you read? Give CL choice diary a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.