放置対策〜 fragments [断片化]

アフィリエイトサイトを作った際に、課題に思ったことを整理してみます。だれも必要ないとは思うけど、一応。

大量生成 or 少量育成

アフィリエイトって、サイトを大量に作成する方法論と、一つのサイトを育てていく方法論があると思います。

その優劣はもちろんあると思うのだけど、私はブラックハット的な方法論をとっているので、いつNGになるかもわからないリスクを考えると、一つのサイトに依存するのは危険という判断で、サイトを量産する形を採用しています。ポートフォリオはなるべく分散したいところ。

※ ブラックハットっていうけど、個人的にはGoogleのアルゴリズムと知恵比べをしているっていうイメージなんですけどね。

サイトのバージョンの多様化

基本はプログラムを用いて、Googleが評価されるようなページをつくっていったのですが、結果として、プログラムを順次改善してアップするという作業を繰り返したことで、過去のサイトと現在のサイトのプログラムが異なっていくことになりました。イノベーションのジレンマ的な話です。

で、迂闊にバージョンアップをすると、過去のサイトがみれなくなったり、もしくは特定ページだけでエラーになったりするかもしれません。

もちろん一つ一つみればいいのですが、凄い数のサイトが動いているので、目視で確認することができません。

集中管理と自動化

コストを抑えるために、レンタルサーバ上で、1契約で約20ドメインを配置しています。それが複数レンタルサーバ、複数契約ありますので、そこにファイルを一々FTPはしてると、時間が掛かってしまうんですよね。

githubにプッシュをして、自動更新もあるのですが、そこまでの機能が解放されていないレンタルサーバもあります。

そこで、各レンタルサーバ上に、ファイル更新用のプログラムを設置しました。

こいつに、ファイル名を指定すると、特定サーバに保存されているプログラムファイルをダウンロードして、そのサーバのプログラムを全更新して、かつ主要ページの動作チェックもするものです。

数百サイトが、数分でアップデート可能になっています。

ということで、Googleのモバイル対応だったり、ちょっとしたSEOの工夫だったりを、すぐ反映して、効果検証できる仕組みをつくっています。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.