curiosityから、音楽とステージのための ボリュメトリックビデオ配信メタバース“Beat Wave”、ベータ版を提供開始!

curiosity, inc.
7 min readJun 16, 2022

2022年6月24日(金) iOSにてベータ版リリース

※「WAVE」は「Beat Wave」にアプリ名変更となりました。変更に伴い本文中のアプリ名も修正しております。※

curioisty株式会社は、2022年6月24日(金)、音楽とパフォーマンスをボリュメトリックビデオ(立体映像)で配信するメタバースアプリ「Beat Wave(ビートウェイブ)」のベータ版をiOSアプリにて提供開始致します。正規版リリース時には没入感の高いMeta Quest版の他、Android版も提供予定です。

”Beat Wave”(ビートウェイブ)は、現実世界のアーティストをボリュメトリックビデオ(立体映像)[※1]でキャプチャしてバーチャル空間に登場させることで、より大勢のオーディエンスと一緒にライブ空間を体験することができる、メタバース[※2]アプリです。
撮影済みのパフォーマンスを配信する他、リアルタイムでのボリュメトリックビデオ(立体映像)配信システムも用意しており、物理会場とバーチャル会場でイベントの同時開催が可能で、物理世界とバーチャル世界が重なり合う、新しいリアル体験を作ることができます。
ベータ版リリース時には、今年1月に期間限定で公開していた、ロックバンドSTART TO BLINGのライブステージも再公開致します。
なお、ボリュメトリックビデオの撮影は、同社が展開しているプラットフォームRememory[※3]の撮影システムと連携して実現しています。

リアルなパフォーマンスをボリュメトリックビデオ(立体映像)で表示

現実世界のアーティストのパフォーマンスをボリュメトリックビデオでキャプチャし、バーチャル空間に配信するため、その人ならではの挙動を立体映像で再生・保存することができます。

1000人規模の同時接続を可能にする、独自システムを開発

バーチャル空間でも多くの人と同時にライブを楽しみたい、というコンセプトを実現するため、マルチプレイのネットワーク通信を行うシステムを独自開発し、1つのバーチャル空間に1000人規模の同時接続を可能にしています。

音楽パフォーマンスに最適な空間音響を実現

バーチャル空間を移動しながら鑑賞するアプリのため、見ている方向や距離に応じて聞こえ方が変化する空間音響を実装しています。
例えば同じワールド内に複数ステージを設置し、見たいステージに近づくと音が大きく聞こえる音楽フェスのようなイベント開催が可能です。

オーディエンスは自由にアバターを追加できる

オーディエンスは、アプリ内で初期アバターを選択する他に、外部サービスやCGソフト等で作成したアバターを自由に追加することができます。他社のソーシャルVRアプリをご利用の方は、ぜひ普段使用しているマイアバターや、お気に入りの姿でご参加下さい。

[ ベータ版で追加可能なデータ形式 ] vrm, fbx

物理会場とバーチャル会場でのライブ同時開催も可能

現実世界のイベント会場に予め配信スタジオシステムを設置しておくことで、物理会場とバーチャル会場での同時開催ライブが可能です。
第1回目のリアル✖️バーチャル同時開催ライブとして、2022年7月17日(日)にXRドラマー 鍵山喬一主催のライブイベント「KAGI NIGHT 2022」の開催が予定されています。

第1回 同時開催イベントでは、老舗ライブハウスB.Y.Gを3Dキャプチャ

第1回目のリアル✖️バーチャル同時開催ライブのバーチャル会場は、現実世界でライブが開催されるライブハウスB.Y.Gを3DキャプチャしたステージをBeat Wave内に特設します。リアルとバーチャルで同じ会場・同じライブを同時開催するため、会場に来られない方も、1969年オープンの老舗の雰囲気を現実世界の会場と一緒にお楽しみ頂けます。

なおBeat Waveアプリのベータ版では、制作途中のバーチャルB.Y.Gを見学することができ、不定期でリアルタイム配信テストを実施予定です。新しいイベントが出来上がっていく様子を是非見学にお越しください。

【リアル✖️バーチャル同時開催イベント「KAGI NIGHT 2022」概要】

・ライブタイトル : KAGI NIGHT 2022
・開催日 : 2022年7月17日(日)
・時間 : Open 17:30 / Start 18:30(整列開始 16:30)
・リアル会場 : 渋谷B.Y.G
・リアル会場料金 : 4100円+1drink
・チケット販売 : 2022年6月18日(土) 販売開始
・チケット予約 : メール予約〔整理番号付き〕
bygrock1969@yahoo.co.jp
(※件名に(チケット予約7月17日)と記入して下さい。※本文にはお名前、お電話番号、予約枚数を記入して下さい)

Beat Wave会場 : Beat Waveアプリ内 バーチャルB.Y.G
Beat Wave会場 : 入場料 無料(正式版ではアプリ内課金でアーティストへ支援可能)
・出演アーティスト : 特設サイトをご参照下さい(随時更新)
・主催 鍵山喬一 : (XR Drummer)
・特設サイト :
https://the-wave.live/kaginight2022

ライブ配信希望者・配信システム導入希望施設 募集

Beat Waveでは、ボリュメトリックビデオで配信したいアーティスト・パフォーマーの方や、配信システムを導入したいイベント、施設を募集しています。ご興味ある方はBeat Waveの公式サイトより是非ご連絡ください。

【Beat Waveアプリ ベータ版概要】
・タイトル : Beat Wave(ビートウェイブ) ベータ版
・配信場所 : App Store
・配信開始日 : 2022年6月24日(金)予定
・ダウンロード(iOS) : https://the-wave.live/ios
・ジャンル : エンターテインメント
・基本料金 : 無料
・対応言語 : 日本語 / English
・対応端末 : iOS 12.0以降のiPhone/iPad
・公式サイト: https://the-wave.live/
・著作権表示 : ©️2022 curiosity, inc.
・開発 : curiosity株式会社

【curiosity(キュリオシティ)株式会社について】

“Immersive Entertainment”をテーマにXR(AR/MR/VR)や新技術を活用したデジタルアトラクションなどの新しいリアル体験エンターテインメントを企画開発するクリエイティブスタジオです。 https://www.curiosity­-inc.jp/

< 用語説明・補足 >

[※1] ボリュメトリックビデオ:現実の人物や場所を三次元デジタルデータに変換し、高画質に再現する技術です。 ARやMR、VRなどの仮想空間上で自由に配置・演出を加えることができ、次世代撮影方法として注目されています。
[※2] メタバース:コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された、3次元の仮想空間やそのサービス。
[※3] Rememory(リメモリー):curioisty株式会社が提供している、ボリュメトリックビデオの撮影・編集・共有・発信を目的としたプラットフォームサービス。簡易ボリュメトリックビデオが撮影できるiOSアプリの他、完全立体を撮影できるRememory Studio、撮影データを使用したVRミュージックビデオ作成等を展開している。https://rememory.jp/jp/

--

--