今日の中の昨日の痕跡「幼年時代」

子供の頃にしたことはつい昨日のことのように感じる。

久しぶりに玩具に触れた。つい夢中になって遊んだ。その時の気持ちは子供の頃とあまり変わっていないように思う。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.