紅茶のティーパックの紐を切っていれる

紅茶のティーパックに付いている紐。

それを、使って紅茶をつくるときに

なんでか

紐を引きちぎってポットに入れるちゃう人が

我が家で紅茶を入れてくれました。

もちろん、ティーパックの紐は「ブチっ」と切られています。

そういうことする人に、「なんで切ったの」とか理由を聞いても仕方ありません。そういうことする人は「理由」とかいう小さな世界の住人ではないのです。

だから、「あ〜りゃりゃぁ〜、ひーも切っちゃったの〜」と驚きの声を上げるだけにします。

そういうことする人はもちろん、二杯目とか三杯目とか残った紅茶のこととかを考えているわけもないので、一旦入れ終えたあとのティーポットには紐の無いティーパックが沈んでいます。それはまるで、世界の戦争が終結して不要になった潜水艦が、人知れず大洋の深海に突き刺さったまま永眠しているような雰囲気です。

もちろん、パックの沈没した紅茶はどんどん濃くなって渋みも増したモノになっています。

だので、その人が帰ってからも残りの紅茶(とっても濃くなった)に水を足して飲んでいます。飲んだらまた水を足してティーポットごと冷蔵庫に入れてアイスティーにして飲みます。

以外と美味しいので、コンビニで砂糖一杯のジュースを買うよりいいかと思って、暫くそうやって生活していこうと思っています。

そして、そんな風にティーパックの紐を引きちぎってしまうような人が、とっても好きです。

もちろん、喫茶店には良く行きます。そこでは、ティーパックの紅茶では無くてコーヒーかチャイを淹れてもらいます。

紐には申し訳ありませんが、冷蔵庫のティーポットを覗く度に、なんだか少し幸福な気分になります。