Peace

12/03/16

昨日の夜は後輩とお酒を飲んだ。アルコールなんて久しぶりだった。高揚感とともに帰宅した。ひとり、楽しい時間が終わってしまうような気がしてまた飲んだ。

ずいぶんと感情的だった。突然さびしくなって、2年ほど前に好きだった女の子へ電話をかけた。理由なんてなかったよ。まさか出るとは思わず、電話越しの彼女に気が動転してしまった。どんなことを話したのか覚えていないが、うれしさとはずかしさが入り混じった気持ちになったことだけを覚えている。15分間、他愛もない話をして切った。ありがとうとだけ送ってiPhoneをベッドに放り投げた。

その後ひとりで泣いたり、笑ったり、叫んだりなんかして結局4時に寝た。ひどく懐かしい。昔はよく堪えがたい気持ちをこうして吐き出していたな。たまには理性をぶっ飛ばすのも悪くないと思った。

朝7時に目が覚めた。既読はついていなかった。けだるさに包まれながら、洗濯機を回した。もたれかかると回転音が身体中に響く。そのうち心地よくなって視界がぼやけてきたので、最近知りあった友達から教えてもらった音楽をかけてまた寝た。

16時、目が覚めると返信がきていた。僕はいま、スピーカーから流れる音楽と、風に揺れる洗濯物越しに暗くなっていく空を睨んでいる。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.