C.S.S.S.S — an object which can stand 6 defferent way by Ben Nagaoka / POINT

長岡勉 / POINT による小さなモノの居場所と風景を作る棚のようなオブジェクト「C.S.S.S.S」


POINT代表の長岡勉が“丹青社 ひとづくりプロジェクト”にて発表した、棚のような立体「C.S.S.S.S」を紹介します。

棚でありながら複雑なオブジェのようでもあり、また6方向全ての面で自立して見る角度で印象が変わる、という一言で表せないような多様性が魅力的なシェルフ(オブジェ)です。

撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介

「C.S.S.S.S」は箱や棚板、脚などが様々な位置から飛び出し、複雑に構成された家具です。しかし6方向どの面でも自立し、一見不安定に見える形も全て計算されたバランスで成り立っています。

安定した面や、一見すると倒れそうな印象を受ける面、フラットな部分と複雑な部分が絶妙に混ざった面など、立てる面と見る角度によって印象は全く異なります。

撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介

同じ面で立てられていても、見る角度で全く違う印象を受けます。

撮影:尾鷲陽介

小さく区切られあちこちから張り出した棚板は、一見無秩序のようでありながら自立するバランスでレイアウトされ、まるで複雑で無駄のない自然環境そのもののようです。

撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介
撮影:尾鷲陽介

その中に生まれた小さな棚が沢山のものの居場所を作り、ものに合わせた居場所を探したり、角度や面を変えることで全体として変化に富んだ表情豊かな風景を楽しむことが出来る棚です。

撮影:尾鷲陽介

立てると切り立った崖(Clif)のような棚となり、横にすると宇宙船(Space Ship)、そしてどの向きでも自立する彫刻(Sculpture)のような棚(Shelf)、の頭文字をとって名付けられた「C.S.S.S.S」ですが、この名前以上にもっと自由な使い方がまだまだありそうです。

その他の写真や説明はこちらのHPからご覧ください。

Design : 長岡 勉/ POINT
Principal use : シェルフ
Project : 丹青社 ひとづくりプロジェクト
Production : 丹青社
Completion : 2012


C.S.S.S.S = Clif Space ship Sculpture Shelf by Ben Nagaoka / POINT

C.S.S.S.S is object which can stand 6 different way.

So this single object turns into six different figures such as Clif, Space Ship, Sculpture, Shelf and so on.

Functionaly this is shelf for small articles and figures. And you can enjoy to find the space for small thing.

By putting all these small things you can make your original diorama.

if you need more information, please check here.

Design : Ben Nagaoka / POINT
Principal use : shelf
Planning : Tanseisha / SHELF exhibition 2012
Production : Tanseisha
Completion : 2012
Photo : Yosuke Owashi


posted by Shin Yamashita.