Dwellings in Toulouse, France / Josep Lluís Mateo

トゥールーズの集合住宅 / ホセ・ルイス・マテオ


手前よりC棟、B棟、A棟およびD棟(右奥)/ Building C, B, A (from center to left) and D (right)
B棟 / Building B
D棟 / Building D
D棟 / Building D
D棟からガーデンを望む / Garden
敷地地図及び建物配置 / Site
http://vimeo.com/73785600

トゥールーズ、空港とガロンヌ川の近くに建設された集合住宅群である。

個々の住戸の住環境を最適化することを試みた。アイデアの抽象性を主張するのではなく、むしろ日常性を獲得するために、全体は分解されている。

半私的な庭の周りに配されたA,B,C,Dの4つの棟は独立していながら、概念上は連結したボリュームを構成する。

A棟 — 通じる道に形を与え、そのボリュームは遠近感を強調する。

B棟 — 中央で切り取られ、光を内側に導く。

C棟 — コーナーを構成すべく、捻れる。

D 棟 — 他より低く(3階建)、軽快。フェンスのように、後部で静かにコンプレックスを包囲している。

A棟、B棟とC棟は様々な、同時に補完的な比率の白と黒のブロックで仕上げられた。

A棟 — 駐車場の上に、 主に黒( 20%白、 80%黒) で。

B棟 — 対照的にその反対(白80%、黒20%)。

C棟 — コーナーで、バランスをとる( 50%黒、 50%白)。

A、B、C棟の屋根、B棟の背面のファサードは全て同ピッチの亜鉛葺きである。

D棟は明るく柔らかな木で仕上げられている。

こうした思考に基づき、この建物群は人間関係のための思慮深い枠組みとして、職人仕事の表現能力に重点を置いて施工された。

庭は蛇行するガロンヌ川の特徴的な素材(砂利、砂… )と植生(ポプラ…)を使用して作られている。

— ホセ・ルイス・マテオ


In Toulouse, near the airport and the river Garonne.

A housing development that seeks to optimize the living conditions of each of its cells. The whole is broken down to prioritize the meeting with the domestic rather than insisting on the abstraction of the idea.

A complex of four independent but conceptually connected volumes (A, B, C and D) arranged around a semi-private garden.

A formalizes the street leading to it, its volume exaggerating the perspective.
B is detached, in the middle; it has to reflect light inwards.
C twists its volume to construct the corner.
D is lower (three storeys) and light. It encloses the complex at the rear gently, like a fence.

A, B and C are finished in black and white brick, in varying but complementary proportions.

A, on the street tarmac, is mainly black (80% black, 20% white).
B, designed to reflect, is its opposite (80% white, 20% black).
C, at the corner, is balanced (50% white, 50% black).

A, B and C all have zinc roofs with the same pitch, which slide down the rear façade in B.
D, light and soft, has wood.

Based on this reasoning, the buildings were constructed with emphasis on the expressive capacity of artisan work as a sensible framework for human relations.

The garden is a recreation, using characteristic materials (gravels, sands …) and vegetation (poplars…), of the meander of the nearby river Garonne.

— Josep Lluís Mateo


Author: Josep Lluís Mateo — Mateo Arquitectura
Project: 2011-2012
Construction: 2012 — 2013
Location: ZAC Andromède, Toulouse (France)
Surface area: 13.628 m2
Structural Engineering: BOMA Inpasa
Photographs: Adrià Goula