進撃のXiaomi製品ラインナップ

Xiaomi

最近、各所で名前を聞くことになったXiaomi。中国の家電メーカーである。

デザインの良さとその価格の安さを売りにスマートフォンでそのブランドが認知され、現在は、スマートフォンのみならず各種電化製品を販売している。

最近、そのスマートフォン以外の製品のクオリティも上がってきており、周辺でも購入している人が増えてきているため、 ここで一度、各製品ラインナップを一部ピックアップしまとめてみた。

※尚、価格は本記事作成時点のものであり、変更している可能性がある。 また、日本価格の表記は記事作成時点のレートを基準に算出している。

1HK$=14.6円 1元=17.5円

各製品ラインナップ

スマートフォン

Mi4i

16GB 価格:HK$ 1399(約20,475円)

ご存知、中国ではGoogleのサービスが利用できない。 そのため中国で販売されているAndroidスマートフォンでは、Google Playを通じてアプリがインストールできないのだが、 Xiaomiのスマートフォンにはグローバル対応モデルというのがあり、こちらは問題なくGoogle Playが利用可能となっているようだ。

※但し、日本語には対応していない。

テレビ

小米电视3 70英寸 価格:9999元(約175,386円)

70インチの4K対応テレビである。

シャープのAQUOS70型4K液晶テレビの価格が価格コムで約65万円程となっているので、それと比較すると格段の安さである。

空気清浄機

小米空气净化器 価格:899元(約15,768円)

日本でも度々報道されてご存知の通り、中国の大気汚染の状況は相変わらずひどい。

そのため、デザインも価格も魅力的なこの空気清浄機を購入している知人は多い。

スマートフォンと連携しており、電源のオン・オフはもちろん、現在の空気状況もひと目で分かる。

監視カメラ

小蚁智能摄像机 価格:129元(約2,263円)

小型のリモートカメラ。

スマートフォンとから、カメラの操作が可能。

ペットを飼っている知人は旅行の際、このカメラを自宅に設置していつでも旅行先から自宅にいるペットが見れるようにしていた。

ヘルスケアバンド

小米手环 価格:69元(約1,209円)

近年流行りのヘルスケアバンドもお値段約1,200円で販売している。

モビリティ

九号平衡车 価格:1999元(約35,028円)

モビリティというと分かりにくいかもしれないが、要はセグウェイである。

それが、この価格。

セグウェイはその価格の高さもあり、いまいち浸透していないが、この価格であれば、将来、市民の足として浸透するかもしれない。

以上、Xiaomiの製品ラインナップ紹介でした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.