mediumが言っている高品質なstoryとは
PsychoHazard
71

High quality Story I think

PsychoHazard さん、Storyチェーンをありがとう御座います。
私も同様の「Storyのクオリティー」については大いに疑問があり、他の日本のMediumユーザーの言わんとする「高品質なStory」の定義は未だよく分かっていません。
と言うよりも、他の方が思う「高品質なStory」を私が全く同様には感じていない点は、職業ジャンルの相違等が原因では‥等と考えつつ最近は、余りこの事を考えなくなったのかもしれません。

仰せのように私は英語圏の方たちの他のStoryをよく読んでいますが、正直怠い記事が多いように感じています 笑。勿論専業の執筆家ではないので文才の問題もあるでしょうが、どことなく似たようなカテゴリーの記事を複数使い回して書いている印象が拭えません。

ただ‥。私のMediumの使い方の問題がそうさせるのか、自宅のPCでMediumにインすると英語圏の記事の大半が「#Haiku」「#Love Poetry」等‥とハッシュタグが付いたもので、かなり散文詩や歌詞のようなものを数多く更新されている方々もいらっしゃるようです。
それに比べ日本のMediumユーザーに多いのがやはり自己啓発系やビジネス系等、それに次いで写真系のアカウント。実はそのどちらも私は全く興味も関心もない為、必然的にフォローも少なくなってしまったのかもしれません。

自己啓発系に於いては「興味がない」と言う言葉は若干不適切であり、多くが思い込みと願望成就のプロセスの延長線の域を出ない稚拙かつかなり身勝手な独断記事が多いので、読んでいて矛盾と疑問が頭をもたげ気が重くなってしまうのです 笑。
ビジネス系については何となくマルチ商法の空気がぷんぷん漂うし私がそうしたものを全く必要としていないので、これもわざわざ時間と労力を割いて読むまでには至らない‥。

一方英語圏の「#Haiku」「#Love Poetry」‥ とハッシュタグが添えられた多くのポエトリーをなぜ私が嫌うか‥と言う理由は、これは国籍のせいか遺伝子の影響なのか、彼らの書く恋愛の詩の多くが肉体視点で書かれているエロい内容なので、そういう油ギッシュな詩をわざわざオフの空間に持ち込むほど私は困っていない‥ と言うのがその理由 笑。

兎にも角にも「読み物」として切れ味の好い文体であったり知的な高揚感を誘発してくれるような文章を書く人たちが圧倒的に少なく、その状態に於ける「高品質なStory」が何を指してそう呼べるのか‥ と言う定義の不安定さ、曖昧さが改善されない限り、Mediumを課金してまで支えて行こうと言うユーザーも余り増えて行かないような気もします。
私もその一人。自分自身で書く文章の方が他の方の作品よりも余程面白いようでは、流石にサイトに課金をしたり他の方たちをフォローして時間を割いてMediumに入り浸る気分にはなかなかなれず、今日に至ります。