AVMという病気の治療のため慈恵医大附属病院に4週間ほど入院してました

Daisuke Tsuji
Mar 29, 2019 · 5 min read

お仕事の関係の方には別途お伝えしてあったのですが、1月に脳ドック(http://medicalcheckstudio.jp/)を受けたところ脳動静脈奇形という病気であることが発覚し、3月8日から3、4週間ほど入院して治療をしていました。

発覚した脳動静脈奇形のMRI画像

結論として言いたいこと

  • 予防は治療に勝る
  • みんな脳ドック受けよう(知人には全員受けてほしいと思ってる)

どんな病気か

10万人に1人ほどの確率で発生する先天性の病気だそうで、脳内に形成されるべき毛細血管が通常の血管で形成されてしまい、ナイダスという生き物の巣のような血管の塊を作ってしまう病気です。

母体に誕生して3週間程度で形成が完了するという話もあるようでした。

若年者の脳卒中の原因となることが多く、頭痛、麻痺やけいれん、破裂で発覚することが多いそうです。

僕は未破裂無自覚無兆候でけっこうなレアケースだったみたいです。大きさ的にも何かしらの症状が出ててもおかしくない規模だとか。

ちなみにナイダス周辺の脳細胞は毛細血管による栄養、酸素の供給がされていないので機能していないと考えられているそうです。

治療について

この病気はSpetzler-Martin分類という手法でグレーディングが可能で、その点数によって治療方針を決めることが一般的なようです。

http://www.jsts.gr.jp/guideline/159_164.pdf

僕の場合で言えば、右脳前頭葉に4.5cm、non-eloquent、表在性静脈でGrade2でした。

主治医の先生と相談した結果、比較的低リスクで切除が可能ということもあり、手術による根治を目指した治療を選択しました。

なぜ治療したのか

そもそもこの病気は絶対に治療しないとまずい病気ではありません。

残せば破裂するリスクがあるので、運が良ければ死ぬまで破裂せずに共存できる可能性もあります。

が、病態的に問題となるポイントとして、動脈血が毛細血管を介さず静脈にダイレクトに入るため壁の薄い静脈が破れクモ膜下出血となるリスクを常に抱えて生きることになります。

また、年間破裂率が2,3%ということもあり(よくここまで生きてたと思う)、QOLを考えると根治してから残りの人生を歩んだほうがいいのでは?という決断となりました。

また、残りの人生での破裂率は105-年齢で計算できるそうで、僕の場合は75%となりました。年齢によっては保存的治療を優先する場合もあるようです。

発覚から治療まで

  1. 脳ドックによってAVM発覚
  2. メディカルチェックスタジオ社様の外来を受診、慈恵医大附属病院への紹介状を書いていただく
  3. 3/8入院、3/11第1回塞栓術、3/18第2回塞栓術、3/20摘出術

治療方法自体は外科的にナイダスを摘出する、放射線治療(ガンマナイフ)でナイダスへの血流を減らす、など3種類ほどあるようでしたが、僕の場合は鼠径部からの動脈カテーテルによる血管塞栓術2回と、最後に開頭による摘出術によって治療しました。

まだ入院はしていますが、麻痺や障害も残らずこのまま退院できるんじゃないかと思います。

職場の方やお仕事を頂いている方々には、突然仕事に穴を開けてしまって大変ご迷惑をおかけしました、申し訳ありません。

病気のこともあり1月から断酒してましたが、飲みのお誘いもお断りしてしまっていたので退院したら僕からお声掛けさせていただきます〜。

脳ドックをご検討の方

僕が今回お世話になったメディカルチェックスタジオ様が安価ですぐに検査が終わるため、非常におすすめです。

僕に連絡をいただければ2500円引きのクーポンをお渡しできるので、もしご検討の方は(dim0627@gmail.com)までご連絡いただければコードをお渡しします。

それでも金銭的に厳しいけど受けたい、という人がいたら僕がおごってもいいです。

よくある質問

死生観は変わりましたか

変わってません。でも生きるからには健康に生きたほうがいいなと思うようにはなりました。

あと健康に対しては金銭を惜しまないようにしていこうと思ってます。

発覚したときの気持ちは

死ぬのかなって思いました。しかも10万人に1人って運が悪いにもほどがあるだろと・・・。

MRIの画像も、素人の僕が見てもこれはやべえってわかったのがショッキングでしたね。

入院生活は

慈恵医大附属病院はどの面で見てもとてもいい病院だと思います。

ご飯も美味しいし看護師さんも献身的で、先生の説明もとても丁寧でわかりやすいです。

もしまた入院することがあればまたここがいいです。

入院中は何してたんですか

ひたすらゴッドハンド輝を読んだりプライム・ビデオを見たりしてました。

仕事はほとんどしてません(頭蓋内の血圧が上がるからやめろって言われてました)

一番つらかったことはなんですか

開頭手術後に数回嘔吐したこと。

体力の消耗のせいなのか、かなりしんどかったです。

あと言語聴覚系のリハビリ、頭脳レベルの低さを実感するのがなかなか情けなくてきつかったです。

一番痛かったのは

Aラインをとるときか、尿カテを抜くときのどちらかかな・・・。

    Daisuke Tsuji

    Written by

    最近はアボカド育ててる。 フリーのWeb Developer。RubyとかRailsを触ってる時間が多い。コーディングもマークアップもライティングもデザインもSEOもやるタイプ。だいたいどれもだめ。

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade