If you would like to notify a cost alert of Azure to Slack, this article would help you.

To prepare cost alerts notification to Slack, you should create these resources.

  • An action group with webhook receiver
  • A budget with cost alerts

See following documents to prepare these resources. But you would wonder what URI should be set the Webhook URI?

You cannot set the Slack webhook directly. Because the Slack webhook expect the schema with text , but the schema of cost alert doesn’t have the text field. So you have to convert the cost alert to Slack incoming schema.


Prologue

とあるニーズの検証で、Microsoft Teams の Live event でカメラ画像を 1080p で配信できるかを試しました。通常、Live event を Teams を使って配信すると最大解像度が 720p であることがわかり、それだと小さめの文字がつぶれてしまってみにくいため、外部エンコーダとしてOBSでニーズを満たせるか試しました!

フィードがライブになると、サポートされる最大解像度は 720p になります。

なお、Live event 内で画面共有する場合は 1080p で配信できるそうです。

気付きポイント

  • Live event permissions が「People and groups」「Org-wide」のみ、外部エンコーダ(OBSなど)を利用できる
  • OBS のストリーミング設定では、 …

Prologue

de:code 2020 夏まつり企画の MS Tech クイズで作ったソースコードをデプロイする手順を整えようと思い、Static Web App のデプロイ方法を調べました。

ドキュメントでは、Azure ポータルを利用した方法が紹介されているのみですが、Azure CLI や ARM テンプレートでも利用できることがわかりました。

Azure CLI では version 2.8 で az staticwebappのサブコマンドが追加されています。 (release note)

それではさっそく、ARMテンプレートでのデプロイについてみていきましょう。(なお、ここで紹介するものはまだドキュメントに載っておらず、プレビュー版でもあることから今後変更がある可能性があります。ご了承ください。)

事前準備

連携す …


You can put your secure files on Azure Pipeline and use it. Let’s check below.

The steps are simple.

  • Upload your secure files in Library on Pipeline
  • Download the files in the agent machine with using DownloadSecureFile@1 task
  • Only at first, allow the pipeline to access the secure files

Upload your secure files

At the “Secure files” tab in the “Library” page on Azure Pipeline, you can upload secure files. Click “+ Secure file” and upload the file.


Happy new year! 新年あけましておめでとうございます 🎍

2019年は、私にとって、一番拓けた年でした。

居場所を探して会社を転々としていた私が、いまでは"仲間"に恵まれ、のびのびと仕事にコミュニティ活動にと精を出すことができるようになりました。生活も自分の時間を楽しめるようになりました。

この自由は、時間と金銭と心の余裕ができたことから生まれたと思います。今後も維持できるよう、もっと大きな成果を残せるよう、今年も挑戦していきたいと思います。

よかったことピックアップ

引っ越し

  • 日当たり良好: 気分を上げられる、仕事のパフォーマンスに影響するのでとても重要
  • オートロック: 安心!
  • 浴室乾燥: 洗濯がいつでもできる、作業の合間の気分転換にちょうどよい
  • お風呂追い炊き: お風呂がいつでもゆっくり入れるようになった、Kindle …


You can publish code coverage results of Node.js or JavaScript project with Jest on Azure DevOps.


Azure Bastion is useful to connect to virtual machines instantly and keep safe your virtual network that insides machines.

Currently, Azure CLI doesn’t support creation of Azure Bastion yet. But the feature request has raised on issues like below. So I expect to become be able to use that.

Although, we can prepare the environment almost by using Azure CLI now. See the sample code below.

Then, you can deploy Azure Bastion through the Azure portal or Azure PowerShell. See the pages below.


When I had tried to use Serverless framework to deploy Faas on Azure, I got an error below.

Error

Serverless: Error logging into azure
Error — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
Error: Authentication returned an empty list of subscriptions. Try another form of authentication. See the serverless-azure-functions README for more help

Reason

This error has occurred when the target directory of Azure has no subscription.

As evidence, the subscription array in the authentication cache file ( ~/.azure/slsTokenCache.json …


今年も開催される Hacktoberfest 2019!

去年参加して味を占めた人も、今年こそは!の人も、楽しんで参加しましょう~!

概要

OSSへのコントリビュートを促進するための全世界で開催されるイベントです。Octoberfest にちなんだ名称から想像できるように、対象期間は10月中。下記の条件をみたすことで限定エディションのTシャツを入手することができます。

  • 先着50,000名に限定エディションのTシャツがあたる!
  • 対象期間は10月中
  • パブリックリポジトリに 4つ のプルリクエストを送ることが条件(後述の参加条件もご確認ください)

Values にはこのように書かれています。

Quantity is fun, quality is key! Participating in Hacktoberfest leads to personal growth, professional opportunities, and community building. And it all begins with meaningful contributions to open source technology.

楽しんで数をこなし、質を高めていきましょう! Hacktoberfest に参加することにより、個人の成長や、プロフェッショナルに触れる機会、コミュニティビルディングが促されるでしょう。オープンソーステクノロジーへ意味のある貢献を行うことにより、これらにつながっていくのです。

This is a voyage, not a race.

これは競争ではないので、行程を楽しみましょう!

参加条件

Getting started with Hacktoberfest を読んでから始めることが望ましいです。自動翻訳でもよいので、よく読んで気持ちよく参加しましょう!下記は参考がてら要点をまとめました。ご参考になればさいわいです。

  • サイトで登録を済ませること → Start Hacking
  • 対象期間: 2019年10月1日~31日(タイムゾーンに従う)
  • GitHub上にホストされたパブリックリポジトリに対して、プルリクエスト(PR)を4件送ること
  • Tシャツの当選は先着50,000名に入ること

GitHub上のパブリックリポジトリであれば対象になります。その中でも Hacktoberfest のラベルが付与されている issue に対する PR であれば尚良し!です。ただし、リポジトリのメンテナからスパムとしてまたは規約違反と報告された場合は、失格となります。

よりよいプルリクエストで貢献するには?

Hacktoberfest では、対応してほしい issue に対して Hacktoberfest というラベルをつけるように推奨されています。また、 CONTRIBUTING.md を設置してコントリビューションのガイドラインを示すように推奨されているので、取り組むときはこれに従うとよりスムーズにプルリクエストを行えるでしょう。

オープンソースへはじめてコントリビューションする場合や、プルリクエストの作り方については下記をご参照ください。

Hacktoberfest ラベルが付与された issue やリポジトリは下記から探してみましょう。

また、 Getting started with Hacktoberfest の冒頭の Beginnersタブでは、初心者向けのタスクを紹介しているサイトが掲載されています。この中から探すのもよいでしょう。

不適切なプルリクエスト

数を稼ごうとするあまり、不適切なプルリクエストを送ってしまうことは避けたいですね。下記に挙げられるようなプルリクエストはプライオリティが下げられ推奨されませんので、よく検討しましょう。(運営は discourage = がっかりしちゃうそうです)

  • 自動で投稿されるプルリクエスト
  • 破壊的なプルリクエスト(他人のブランチやコミットに対して強引にPRする、など)
  • プロジェクトのメンテナから支援の妨げになると言及されるプルリクエスト
  • ただ件数を増やすためだけのプルリクエスト

ちなみに、タイポを修正するプルリクエストは問題ありませんが、余分な空白を削除するだけのプルリクエストはよくありません、とのことです。

Let’s contribute your code!

私もこのイベントに参加してコントリビューションに挑戦していこうと思います。一緒に楽しみましょう! Have fun! 🙌


At Build 2018, the Static Website support of Azure Storage was announced as a preview.

I guess this feature can help light users to publish their static web contents. So I tried it. Please remember that this feature is as a preview, so it may change in the future.

Overview of Static Website support of Azure Storage

  • You can publish static contents from Azure Storage for a web.
  • You can upload files with Azure Storage Explorer (Attention: written below)

Currently, the client application of Azure Storage Explorer cannot show the dedicated container for Static Website. …

Kazumi OHIRA

Hello! :) I’m a developer, Microsoft MVP(Azure). My interests: Azure, Serverless, IaC, Container, IoT, and other many exciting things!

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store