お金がないという病い

夏になると思い出す。

ふわふわのウナギのかば焼き

ほとばしる香ばしい香り。

食卓を囲むのは、父母、私、妹、弟2人、祖父母の6人。

ふわふわのウナギのかば焼き

それはそれは生活するのが大変だった時期があり、

家族の食器を洗う凍てつく水温に耐えらず、

母に湯沸かし器のお湯を使わせて欲しいと懇願しても

使用を禁じられた日々もあったくらいです。


出来事をどう感じるか

思い出は、ふわふわのウナギのかば焼き

母は、いつも1枚だけ買ってきた。

そして、それを6人で分けた。

母は1枚のふわふわのウナギをご馳走にする天才だったけれど、

「なんと哀れな私たち。1枚ずつ食べられなくてかわいそう」と思うこともできたでしょう。

でも、そう思えばその瞬間から貧しさに囚われてしまったかも知れない。

香ばしいタレをまとったすし飯にふわっととろけていくウナギの身。

すし飯に混ぜ込んだ青じその爽快感とカリカリのたくあんがアクセントになった

我が家の味、ウナギ寿司。

みんな、おいしいねって笑みがこぼれる。

誰一人、ひもじいなんて思わなかった。

たった1枚のふわふわのウナギのかば焼きだけど、

わたしたち家族には豊かさをもたらしてくれた。

お金を持っているから豊かで、持っていないから貧しいということではないのです。

貧しさ は心の病い

生活に困窮している家に育った子供は、

貧乏がしみつき、お金に対するコンプレックスが植え付けられてしまいます。

でもね、そのコンプレックスを自分で認め、お金に対する思いを変えたら

コンプレックスから解き放たれ、豊かになる方向へ進んでいくことができるのです。

コンプレックスとしては、例えば次のようなものがあります。

  • お金は人を不幸にする悪いもの
  • お金を欲しいと思うことは汚らわしいこと
  • お金は家族を苦しめたもの
  • お金は自分の夢を制限するもの。

このようなコンプレックスを持っていると、無意識にお金を自分から遠ざけます。

「自分を不幸にするもの」に近づきたいとは思いませんよね。

コンプレックスから自分を解放するにも、エモーションフリーが役に立つことは、言うまでもありません。

もし、あなたが本当に貧しさに苦しんでいるなら、

あなたの内側に、貧しさを引き寄せる自分自身の行動や思いがあるはずです。

状況を嘆き、他者のせいにせず、

謙虚にそして冷静に自分の内側の声に耳を傾けてみましょう。

豊かさは必ずしもお金がある状態ではないと同様に

貧しさはお金がないことを意味するわけではありません。

豊かな思いに満たされている人はより一層豊かになります。

「自分はどうせお金に恵まれない」と言う前に、

あなたにとって「本当の豊かさとは何か」を考えてみてください。

豊かな人生を送りたい。

その欲求は必ず叶います。

豊かに生きていくことを打ち消している、あなたのコンプレックスを解き放ち、

豊かになることを自分に許可すると、

いつもお金が足りないような焦燥感がなくなります。

そして、必要なお金は欲しい分だけちゃんと手に入ることがわかると

あなたの貧しさという病いは完治し

豊かさに身を任せていることに気が付くでしょう。


☆エモーションフリーの方法は、無償配布中のエモーションフリーマニュアルでご確認いただけます。⇒エモーションフリーマニュアルのお受け取りご登録はこちら

☆エモーションフリーを体験したい人は、イブニングカフェ会へどうぞ。
 無料で体験できます。

☆人間関係を改善したい方には、エモーションフリーセッションも承っています。
 ご予約はこちら


メールマガジン

~毎日をもっとずっと上質に~
 運命を変えるコミュニケーション
ご登録はこちら

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.