クーポン社会

ケンタッキーフライドチキンのクーポン

昨今、ガスト、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンなど、ほとんどのファストフード店に公式アプリがあり、その中でクーポンが提供されている。

クーポン価格で買えるので安くはなるのだが、とにかく面倒くさいのが、いちいちクーポンを手動で指定して提示しなければならない点。これ、やってることは完全に紙のクーポンを使うことと同じで、アプリになった意味がない。

そんなに面倒ならクーポン使うのやめればいいのでは?という声もあるとは思うが、ケンタッキーフライドチキンでは、使用可能期間は違えど、オリジナルチキン2ピース+サイド1個が70円引きで買えるクーポンがほぼ年中提供されている。
こうなるとこのクーポンを適用した価格が本来の価格であると言っていいはずだし、70円も違ってくると流石にクーポンなしで買おうとは思わない。
(このセット、ちょっと前はメニューにあった気がするのだがいつの間にかなくなっていた。。食べ過ぎず丁度良い量のセットで、自分はケンタッキーフライドチキンでは基本これしか頼まない。)

改善案としては、クーポンではなく、会員証バーコードを読むようにして、買う商品によってクーポンが自動適用されて欲しい。
これ、別に真新しくもなんでもなくて、一部会員価格の商品があるスーパーや無印良品の方式である。

アプリをダウンロードして会員登録までしてクーポンを使えるようにしているのだから、このくらいは頑張って欲しい。

もっとも、一番良いのは、提示すらしないで会員価格で買えることだが。(ビーコン的なものをうまく使う感じか?)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.