飲み過ぎはダメ!

カルシウムを気軽に摂れる飲み物といえば…

牛乳!!

牛乳はとても体にいいイメージはありませんか?

確かに、牛乳は体にとっていいことだらけなんです!

しかも、コップに注ぐだけですぐに飲めて、カルシウムを摂取できる気軽さナンバー1です!

しかし、「早く身長を伸ばしたいから」などと言って1日に何杯も飲むのは

逆効果なんです!

たくさん飲むのがNGの理由

牛乳をたくさん飲むとビタミンDの値は上昇しますが、鉄分は減少してしまいます。

そうすると貧血や脳の発達につながる可能性があることが判明しました。

そのためコップ約2杯分の牛乳なら、体にとって丁度良いビタミンDの摂取量になりますが、それ以上飲んでしまうと身長が伸び悩んでしまう可能性があるのです。

そして牛乳に入っているカルシウムは、他の食品からの鉄吸収を阻害してしまいます。

牛乳自体にも鉄分が非常に少ないのでたくさん飲んでしまうと、鉄の他にミネラルや食物繊維の吸収を妨げる原因にもなってしまいます。

1番いいのは、

丁度良い量の牛乳を飲むこと!

そうすれば牛乳の良いとこどりができるのです。

おまけ

牛乳が苦手という人にオススメの飲み方を紹介します。

  • コーヒー牛乳にする
  • きな粉牛乳にする
  • ココアにする
  • カフェオレにする

味を変えればそのまま飲むより牛乳感がなくなります!

それでもダメだという人は

グラタンやシチューなどの乳製品が入った食べ物でもいいので挑戦してみてください!

出典:Can a Child Drink Too Much Milk?

http://well.blogs.nytimes.com/2016/10/21/can-a-child-drink-too-much-milk/