息子はストライダーに乗り、小さな世界を広げる


息子はもうすぐ5歳になる

ストライダー歴は3年半

そのキャリアとはうらはらに

走るスピードは驚くほど遅い

ストライダーカップに参加したときは

最下位を一人で走る時間が長すぎて

レースの実況を独占してしまったほどだ


それでもこの1年でずいぶんと速くなった

競争することも嫌いじゃないようだけど

一番楽しそうにしてるのは自由に走り回るときだ

一周するのも大変なくらい大きな公園で

あっちへ行ったり、こっちへ行ったり

ただひたすらに遠くへ行こうとする


大人がバイクに乗り、知らない土地を旅するように

息子はストライダーに乗り、小さな世界を広げる

彼の背中を小走りで追いながら

僕の世界もまた、少しだけ広がっていく

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.