ビットコインの非中央集権性が失われる日

こんばんは、ヨーロピアンです。 夏の悩みの99.9%はロッテのスイカバーで解決されると信じてやまない毎日ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。


前回の記事を書いてからまだ日が浅いにも関わらず昨日(7/18)はまた大きな動きがありました。なんとBitcoinCashなるページがいきなり誕生しています。
またしても面白い展開になってきたので是非記事を書いてやらねば!という気持ちがムクムクと湧いてきたところです。

前回の記事はできるだけ広い範囲の方に届けたいという考えもあり、ビットコインの技術要素の詳しくない方が躓かないように理解の難しいキーワード(SegwitやBIP等)をできるだけ避けて記事を構成しました。
今回もその趣旨は変わっていませんが、混み入ったビットコイン政治事情を解説するためにどうしても専門的な用語の数が増えてしまっているのと、正確さを重視するために記事そのものも長くなっています。
必然、やや読みにくくなっているとは思います。無理ない範囲でお付き合いください。

※基本的な用語に関しては前回の記事にて触れていますので今回は省略します。出来る限り先にお読みください。


BIPとは

今回はどうしてもこのBIPが頻出するので先に説明しておきます。
Bitcoin Improvement Proposalsの略で、簡単にいえばビットコインの改善提案1つ1つに数字を振って管理しているものです。
それぞれの数字を覚えておくことで、例えば読んでいる記事に説明なく「BIP91が〜」などと出てきても「BIP○○ってことはつまりアレのことね」とすぐに理解できる効果があります。

Segwitとは

こちらも頻出なので先に。その内容についてはビットコインの混雑を解消するための改良案、程度の認識で問題ありません。
ポイントとしてこのSegwit、基本的にデメリットが一切ありません。そのため多くの開発者やユーザーから待望されています。

BitcoinCashってなんだ

さて、本題に戻りBitcoinCashに目を向けてみます。

ページから読み取れる情報は、

  • 1MBのブロックサイズを8MBに増大させる互換性のない変更
  • 既存のチェーンとは安全かつ完全に分離するハードフォーク
  • 分離前のビットコインを所持している場合、同数のBitcoinCashを得られる

内容自体は目新しさのない、ブロックサイズ増大派によるハードフォークというところでしょうか。ただしこのページを見る限り”提案”というレベルではなく、しっかり実行の日付が記載されてしまっています。
Fork Date: 2017-08-01 12:20 p.m. UTC とのことですから、日本時間にすると同日21:20ですね。

さて、予定がはっきり記載されてる以上、このハードフォークはほぼ必ず実行されるものと考えて良いでしょう。そうなると次に気になるのは誰が仕掛けているのかということではないでしょうか。 このページの中には主導者の署名らしきものはありませんが、”BitcoinABC”のロゴが見られますね。

さて、このBitcoinABCについてはまだ聞き慣れない方も多いと思います。
BitcoinABCとはBIP148(巷で”8/1のUASF”と呼ばれているもの。前回の記事で触れた)への対抗策として中国のJihan(@jihanwu)率いるBitmain社が提案したフォーク案です。巷ではUAHFとも呼ばれていて、こちらのほうがまだ聞き馴染みがあるかもしれません。

このBitcoinCashとBitcoinABCはほぼ同一のものと見なして良いでしょうから、BitcoinCashもBitmain社が主導していると考えるのが自然でしょう。
元々BitcoinABCはUASFが発動した時にカウンターとして実行するハードフォークという触れ込みでしたが、実態があまりにも不透明な上にコードの品質にも不安があり、先行きが見えないというのが正直なところでした。BitcoinCashはその辺どうなっているのでしょうか……。

さてこのBitcoinCashですが、自分の観測範囲では比較的受け入れられているようです(同時に馬鹿にもされていますが)。
いつまでも同一の「ビットコイン」の上で争うことで開発が進まないよりは、勝手に分離して別物としてやっていってもらった方が良いだろうと考えるのは自然な反応だと思います。 日本の著名なビットコイナーである大石さんの反応は典型的ですね。

皮肉も効いています。笑
アンチJihanの人々にとってみれば、厄介な邪魔者がようやく自分から出ていってくれたという感じでしょうか。

今のビットコインはどうなるの?

さて、BitcoinCashへのフォークがほぼ確定になったとして、既存のチェーンはどうなるでしょうか。

Segwit2x ≒ BIP91(7/19 現在優勢)

7/19現在の状況ではBIP91が優勢になっています。

本来、安全にソフトフォークを行うために95%のハッシュレート、つまり全マイナーの95%による合意が必要というルールがありました。
しかし本命のSegwitを導入するには95%の同意はとても得られなかったわけです。この95%という基準を80%まで下げる提案がBIP91です。しかしこの80%ですらも当時は厳しい数字だったわけですね。最大のハッシュパワーを持つBitmain社+αが(なぜか)Segwitに反対でしたから当然です。

そこで、Bitmain一派の主張するブロックサイズの引き上げを将来的に約束することで何とかSegwitを認めてもらい、80%に達することを狙う「政治的合意」が行われました。いつの時代も政治は妥協と折衷案ですが、ビットコインでも同じだということでしょうか。

これが、Segwit2xと呼ばれているフォークです。ここから、BIP91=Segwit2xであるという認識が広まっています。正確には政治的合意をBIPに含めるのはややおかしいのですが、ここでは理解を簡易にするためにセットで捉えていただいても構いません。

ちなみに日本では先日bitFlyerの加納社長がこのSegwit2xを支持する発言を行いました。個人的には驚きでしたが、Segwitを安全に導入する方法としては現状最善に近いと考えられているのは確かで、なおかつフォークを完全に避ける道でもありましたので取引所の立場としては合理的な発言と解釈できるでしょう。
(残念ながらフォークを完全に避ける思惑はBitcoinCashによって壊されてしまいましたが……)

UASF

BIP148といえばこのUASFのことを指します。

前回の記事で触れたUASF、これが前述の95%の合意も、80%の合意も無視して8/1という期日に必ずソフトフォークを実行するというものです。僕が「UASFはテロである」と表現した理由がこれですね。
ポイントとしては、期日の8/1までに80%の合意を得てSegwit2xがロックインされ、その実行が確実となればこのUASFを行う理由もなくなり自然消滅するものと考えられることです。つまり、「8/1の分裂」と恐れられていたものは無くなるのです。
(正確にはBitcoinCashがあるので8/1に分裂は起こります。しかしUASFによる分裂とは本質的に別物で、安全です)

ちなみにこの記事を投稿しようとしている今まさにこの瞬間で79.8%の同意を集めています。

80%まではほとんど秒読みといったところではないでしょうか。

結局8/1以降どうなるの?

メインのシナリオとしてはSegwit2xが導入されUASFは回避されるというところでしょうか。この場合、落ち着くところに落ち着いた結果となり、ビットコインは安全に進化を遂げることができます。
もちろんまだ不安要素は残っています。それでも、ここまでの騒動を考えるとあまりにも平和すぎる結末に向かっていることは確かでしょう。

ただし、BitcoinCashの存在を完全に無視できればの話ですが。

おそらく数日もすれば現状のBIP91の進捗を喜ぶ記事がちらほらと出てくるでしょうし、その多くはBitcoinCashのリスクシナリオをかなり低く見積もっているか、全く歯牙にもかけない(触れもしない)ものになると予想しています。
明るい未来を感じさせる記事は受け入れられやすいですし、また現在の状況を鑑みれば無事に8/1を乗り越えビットコインが平和に発展していくシナリオの確度は決して低くありません。

しかしその楽観を裏切る可能性が残されているのもまた現実なのです。せっかくなので、ここからは僕の考える中で最もドラスティックなシナリオを書いていきたいと思います。

BitcoinCashが誕生する時、ハッシュレートはどうなるか

「ハッシュレート」の考え方からおさらいしてみましょう。
ビットコインのブロックはおよそ10分に1度採掘されることは広く知られていると思いますが、この採掘作業(マイニング)を超簡易に説明するとこうなります。

マイナーには1回ボタンを押すとランダムに文字列が表示されるプログラムが支給されています。
新しいブロックには解答の文字列が刻まれており、マイナーはランダムな文字列によってドンピシャでこの文字列を当てなければ採掘できません。ただしその試行回数に制限はありませんから、1億回でも1兆回でも1京回でも試して構わないのです。
つまり、ブロックの採掘とは全マイナーによる早押し連打対決のようなものだと思ってください。この連打速度がすなわちハッシュパワーですから、ハッシュパワーが高いマイナーほど(正解を引き当てる確率的に)有利というわけですね。 無限の猿定理とまではいきませんが、それに近いことを地で行くような話だということです。

さて、ではこの「およそ10分」というのはどうやって決定されるのでしょうか。仕組み上、参加者が多かったり飛び抜けて連打速度の速い参加者が混じったりしていれば10分を待たずにどんどん採掘されてしまいそうな気がしますね。
実際その通りなので、そのような状況になると自動的に採掘難易度そのものを上げてしまうような仕組みがビットコインには導入されているのです。採掘難易度の調整は簡単で、解答文字列の桁数を増やしてしまえば良いのです。簡単にドンピシャの確率を下げることができますから、全参加者に要求される連打回数はさらに増えます。なんとも優れた仕組みですね。笑

この桁数≒採掘作業量=ハッシュレートというわけです。

こうして、全参加者のハッシュパワーがどれだけであってもブロックの採掘ペースはおよそ10分程度になるように自動調整されるのです。この調整は2016ブロックごとに実行されますので、順調に10分ごとに1ブロック採掘されるなら2週間ごとに調整タイミングが訪れるということです。

さて、ようやく前置きが終了しました。 ここで再びBitcoinCashの話に戻りましょう。8/1に彼らは既存のビットコインから分岐すると宣言しています。便宜上、ここからは既存のビットコインを「レガシーチェーン」と呼びます。

Jihan率いるBitmain社が運営するマイニングプールはAntpoolですが、これは現状世界最大のマイニングプールであり、現時点で全体のおよそ23.6%のハッシュパワーを握っています。他にも、7.3%を占めるBTC.comもBitmain社が運営しています。Bitmain社単独で30.9%は握っていることになります。
ハッシュパワーの割合は以下のページでいつでも確認することができます。

ところで、この図において4%を占めるViaBTCBitcoinCash(BitcoinABC)を支持し、上場させることを既に表明しています。中国最大の取引所であるOKCoinも同様と捉えて良い表明を行っていますから、1つの仮説として中華系は既に一枚岩になっている可能性もあるということですね。
中華系以外では、投資家のRogerVer氏がBitcoinCashを支持する確率は高いと一般的に言われています。
彼はBitcoin.comを所有し、1.8%のハッシュパワーを動かすことができます。

さて、仮に中華系のマイニングプールが結託してBitcoinCashへ乗り換え、レガシーチェーンと対立することになれば困ったことにハッシュパワーのおよそ5割が流出することになります。

レガシーチェーンの崩壊

この時、レガシーチェーンに何が起こるでしょうか。

理論から素直に考えると、いきなり採掘速度が半分になってしまうということです。ブロックの生成が10分に1度ではなくおよそ20分に1度になります。ということは、ビットコインの承認にかかる時間が必然的に2倍になります。
当然ビットコインの仕組みによっていずれ採掘難易度は半分に緩和されますが、そのタイミングは最長で2016ブロック先ですからおよそ1ヶ月後ということになってしまいます。

この1ヶ月という長さは致命的です。 一般に、PoWのコインにおいてハッシュレートの高さはそのコインのフィアット建て価格に直結します。採掘難易度がそのまま価値になるというのは直感でも理解がしやすいと思います。
採掘が簡単なのに価格が不当に高いのであれば買うよりも掘って売る側に回ったほうがマシということになりますから、必然的にハッシュレートを鑑みた「いい具合の価格」に均衡する力が働くというわけですね。

さて、1ヶ月後にハッシュレートが半分にまで落ち込むと分かっているコインを持っている市場参加者はどうするでしょうか?当然、売却します。価格が近い将来半分になることが見込まれるので、合理的な行動です。
すると1ヶ月を待たずして価格は一気に暴落することになります(必ずしも半額になるという意味ではありません)。

こうなると俄然困るのは残された側のマイナーです。
彼らにとってみれば採掘難易度は「まだ」簡単になっていないのです。ハッシュレートが下がるのは2016ブロックも先です。分裂前と変わらず採掘は大変なのに、得られる報酬はフィアット建てで半減したということになりますから、ランニングコストによっては赤字という可能性すら出てきます。

そもそも彼らにしてみれば、このような状況下においてはビットコインに強い思い入れがあるわけでもない限りは、例えばライトコインでも掘ったほうが利益的にはマシ、ということになりますから別の「ワリのいいコイン」にハッシュパワーを向ける可能性もあるでしょう(元々様々なコインの採掘を平行しているプールは多いです)。こうして経済合理性に従ったマイナーから順にBTCの採掘から抜けていきます。

マイナーが徐々に抜けていくと、残された側にとっては状況はさらに苦しくなります。
ブロックの生成速度がみるみるうちに落ちていくことで利用者にとっても「いつまでも承認されない=全く使えない通貨」とみなされ、さらに売り込まれ価格は下落しますから、ランニングコスト比の利益はどんどん悪化します。
さらに採掘難易度の調整が行われる2016ブロックへの道のりはさらに遠ざかります。1ヶ月後には調整されるはずだったのが気づけば3ヶ月後、半年後……。

状況に見切りをつけたマイナーがさらに抜けていき、ビットコインネットワークは完全に麻痺します。

一方BitcoinCashに移動した中華連合はというと、もちろん条件はレガシーチェーンと一緒です。
しかし、彼らからすればレガシーチェーンが崩壊すれば「ビットコイン」を名乗れるのは唯一自分たちの側になることが分かっています。その覇権を握るまで耐えればいいだけですから、気分は随分楽でしょう。幸い、世界最大のマイナーであるBitmain社にはそれだけの十分な資本力もあります。
また、レガシーチェーン側に残された弱小プール連合と違い、中華連合マイナーは少数で多くのパワーを握っているのが特徴です(中国の電気代が極端に安いことに起因しています)。
結託して脱落者を出さないように談合することも比較的容易であると考えられます。

また、JihanやRogerVerは既に大量のビットコインを所持しています。これは考えたくはないケースですが、フォーク後に敵対的行動として売り浴びせを行う可能性も否定できません(敵対的行動でなくても、前述したとおり売却を行う経済的合理性は存在します)。

いかがでしたでしょうか。以上のシナリオは市場が十分に効率的である場合に基づいた仮説ですから、必ずこのような事態が発生すると言い切ることはできません。
レガシーチェーン側には採掘難易度を強制的に調整するようなフォークを行うという手段も残されていますし、そもそもこのような事態に陥る前に打てる手も無数にあります。

僕は個人的信条によってレガシーチェーンに生き残ってほしいと考えていますので、上記はまさに悪夢といえるシナリオです。それでも可能性として完全に否定しきれない以上、楽観論だけにすがっては投機家としては生き残っていけませんので、そこはできるだけフラットに構えようとしています。

ビットコインの非中央集権性が失われる日

ここまできてようやくタイトルの回収です。お疲れ様でした(?)。

以上のシナリオによってBitcoinCashが「ビットコイン」となった時、それはもはや非中央集権のコインとは言えないでしょう。Jihanという強いリーダーシップを持った人間が推進することで(もしかしたら)ビットコインは飛躍的な進化を遂げる可能性も否定はしませんが、その魅力は有象無象のアルトコインと変わらない、色褪せたものになると考えています。

僕を含む多くのビットコイナーは非中央集権であるビットコインを愛しています。ビットコインは国や政府や大銀行といったあらゆる権力に縛られず、自由で、民主的で、誰にも独占されない、最高にクールなコインを目指し続けてきました。
サトシナカモトの残した論文、その神話めいた誕生エピソード、そのアナーキズムな思想に惚れ込んだ人間は今のコア開発者を含め数多かったことは間違いないでしょう。
それだけに、強大なマイニングプールを持つJihanがビットコインをコントロールしようとすることに対して「私物化をやめろ」と抵抗し続けてきたのです。

しかし、時代は変わりました。ビットコインは連日メディアに取り上げられますが、「非中央集権」であることが取り沙汰されることはほとんどありません。価格・投機性・法整備・利便性、ピックアップされるキーワードといえばその程度のものです。
大衆にとって非中央集権性はどうでもよく、いえ、どうでもいいだけならまだマシで、「安心安全のためには大銀行や国、大企業がバックについていることが必須」とビットコインの思想とは真逆に考えている方は多いと感じています。

例えば「ビックカメラ」という「有名な大企業」で決済に使えるようになったから「社会認知度が上がった」「安心感が上がった」と受け取られるといった事例でしょうか。つまり、まだまだ「長いものには巻かれろ」という意識が強いことが伺えます。これは言い換えれば、中央集権体制を支持することと同質です。

また、日本では最近Rippleが人気を博してきており、熱狂的な人気があるトークンの一つとなっています。リップルはリップル社による完全な中央集権のトークンですし、ブロックチェーンですらありませんが、そのようなことは気にも留められていません。よって、それらを揶揄するのはおよそ意味がないことなのでしょう。
彼らのコミュニティを観察していると分かりますが、リップル愛好家の間では「東京三菱UFJ銀行に採用された!」等の「大銀行への採用」が好感ニュースとして捉えられているのが特徴的です。
一部のリップル愛好家の間ではリップルを基軸通貨にしてほしいとの声が日々上がりますし、ビットコイナーがビットコインを愛するのと同様に、強く愛され続けているのが分かります。ここから汲み取れることは、非中央集権であることそのものへの支持が決して絶対的なものではないということです。

驚くべきことですが、今やビットコインについても同様です。何の冗談か「国が採用してくれればいいのに」なんて意見も見かけることがあります。よくできたジョーク……などと笑っていたのも今は昔、わずか数年で時代はすっかり変わってしまったように思えます。
既にビットコインは一部の思想家だけのものではありません。それだけ一般に普及したということで感慨深くもありますし、普及の過程で当初の理念がどこかへ消えてしまう・形骸化してしまうなんてこともありふれた話でしょう。

それでも、やはりどこか寂しいという感情が残ってしまうのは、夕暮れにノスタルジーを感じてしまう夏という季節のせいもあるのでしょうか。

ビットコインをとりまく環境はここ数日でやや改善が見られたものの、先行き不透明な状況が続いています。苦しい状況の中、ビットコインの進化に貢献してくれるコア開発者たちへ敬意を表します。
そして1年後、誰にも縛られることのない調和的なビットコインのままでいてくれることを願わずにはいられないのです。


追記:

この記事には広告やアフィリエイトの類は一切貼っておりません。
代わりに、もしこのエントリがお役に立てた時に、お気持ち程度チップをいただけると喜びます。

ビットコイン: 38jM2qrC4cPhPZK1s3ND9pxPtP25tzxHKE

モナコイン: tipmona