FF`SPACE INTERVIEW 002: YAPORIGAMI

in Interviews

[7+1 questions to…]

1. HERE we know your creations in the music under the name of YAPORIGAMI and some of us also knows your brilliant sounds under the name of Yu Miyashita. We could also find the information regarding the YAPORIGAMI project as for the beat oriented sound and sometimes we hear no beats but some nice pulsation in the music of this project (for example your great recent work at DETROIT UNDERGROUND “Eye / Hand”). What kind of beats did you mean here and what are the basic differences for these two projects YAPORIGAMI and YU MIYASHITA for you? Are this differences unexplainable ?

1. Yaporigamiとしての創作活動、またはYu Miyashitaとしての見事な作品を私達は知っています。Yaporigami名義はリズムにフォーカスしたプロジェクトという事ですが、時折ビートレスの鼓動の様な楽曲も聞く事が出来ます。(例えば、Detroit Undergroundより最近発表された素晴らしい「Eye / Hand」等)リズム / ビートと言った際に、どの様な意味合いを含めているでしょうか?また、この両名義Yaporigami / Yu Miyashitaの基本的な相違点は何でしょうか?それは説明可能でしょうか?

In short, (space wise) Yaporigami is club / dance orientated project and Yu Miyashita is rather gallery / church feel. Mentioning “Eye / Hand” is a good question indeed. By releasing this album, I needed to expand the definition of both projects from style focused thinking to space focused.

簡潔にまとめると(空間的に考えて)、Yaporigamiはクラブ / ダンスを軸に置いているプロジェクト、Yu Miyashitaはギャラリー / 教会をイメージする音楽となっています。「Eye / Hand」の言及に関しては非常に良い質問だと感じました。何故なら「Eye / Hand」をリリースした事によって、両名義の定義を音楽性にフォーカスした思考から空間性にフォーカスした思考に拡げる必要性が起こったからです。

2. The name of your recent album at FF`SPACE is the “A HECTIC TRUER”, this is a quite nice name for one of your recent releases and it could have a lot of meanings. What does this name mean for the album? Any other meaning for this term? Was this name generated randomly or which concept did you try to put inside? And Is this sound is really recent in the time line of your creations as well as the time line for the released media?

2. FF’Spaceからのリリースは「A Hectic Truer」という興味を引くタイトルとなっており、多くの意味が連想され得ます。率直に尋ねてこのタイトルはどういった意味合いでしょうか?何か別の意味合いも含むのでしょうか?(ランダムに思い付いた名前であるのか、どういったコンセプトが裏に隠れているのか、等々)加えて、制作時期等も教えて貰えましたら。

“A Hectic Truer” is an anagram derived from “Architecture”. As both this album and FF’ Space have architectural sense, I thought of anagramming it and came up with this name. Its name has a philosophical feel to me as it sounds like “A Seeker of the Truth”. I cannot deny the fact that I have chosen this anagram because I like philosophies. As explained in a release description, all those tracks are crafted in 2012 after an album release of “Hertzian” on Hz-records, JP.

「A Hectic Truer」というのは「Architecture」を元とするアナグラムです。この作品とFF’Spaceには建築という共通項を感じたので「Architecture」をアナグラムする事にし、このタイトルに至りました。この名は「真実を追求する者」と言っている様に聞こえ(個人的に)哲学的なニュアンスが感じられます。哲学に興味があるのでこのアナグラムを選んだという意図は否定出来ません。プレスリリースにも含まれている情報となりますが、この楽曲群は日本のHz-recordsから「Hertzian」を発表した後の2012年内に全て制作されています。

3. How does the creation process go for you basically and how it was during the creation of the album “A HECTIC TRUER”? For example, do you have a clear idea from the start to end, or is the process organised in some other way? Is it started from a special kind of sound or Is there an idea started at first or some creative process started before the idea?

3. 基本的にどういった制作過程を 辿りますか?また「A Hectic Truer」に関してはどうでしたでしょうか?例えば、始まりから終わりまで明確なアイデアを持って制作に臨みますか?もしくは制作過程は何か別の形を取っているのでしょうか?(何か特別な音がありそれが始点となっているのか、着想から始まるのか、アイデア以前に何か独創的な過程を経るのか、等々)

I usually wouldn’t have any initial ideas / concepts at the beginning. I often start my creation process by collecting / mutating / editing audio samples. By seeing / hearing audio bits from those experiments, I’ll start composing intuitively (putting them in a sequence / order so that they will sound somehow musical at the end).

初めに何かアイデアやコンセプトがある、という事はあまり無いです。オーディオファイルの収集、可変、編集を経て制作を開始する事が多いです。実験の後、オーディオファイルを見て / 聞いてから、直感的に構成(最終的に(ある種)音楽的に聞こえる様にシーケンス / 時間軸上に配置する作業)に入ります。

4. What kind of instruments did you use for creation of your work and what influence do you think this had on your work? Could you consider the up and downsides to working with this kind of instruments/tools? Was there some special instruments used for the work “A HECTIC TRUER” if to compare with your other works under the alias of YAPORIGAMI?

4. どの様な機材をこのアルバム制作時に使用したでしょうか?またその機材の使用によってどういった影響がもたらされたでしょうか?そういった機材 / ツールの使用による利点と欠点を考慮してもらっても良いでしょうか?他のYaporigami名義の作品と比較して、とりわけ特別な機材の使用はあったでしょうか?

There is no hardware / instruments involved in for the creation of this album. Purely done by audio handling / editing / mutating in Ableton Live. Power of the “grid” might be pros and cons. No such special instruments I’m afraid. I need to invent / have / borrow one for sure.

アルバム制作時にはそういった機材を使用していません。Ableton Live上でのオーディオファイルの編集 / 可変のみとなります。(Ableton Liveに関して言うならば)所謂「グリッド」の概念 / 力は利点でも欠点でもあるでしょう。恐縮ですが、特別な機材の使用というのもありません。そういった機材を考案する / 使用する / 借りる、等する必要がありますね。

5. Can you tell us a little bit more about your album “A HECTIC TRUER” and could it be related or not to the concepts like “First Frequency Space” or “Fragmented Frames” of the FF`SPACE? What is about track names? Can you name one or a few aspects that you are really pleased with? Is there some aspects that you would do differently next time?

5. 「A Hectic Truer」に関してもう少し教えて貰っても良いでしょうか?また(FFSの略である)「First Frequency Space」や「Fragmented Frames」といったコンセプトとは何か関係性がありますか?トラックタイトルに関してはどうでしょう、満足のいくネーミングが出来たのであればそのエピソードを。次回があるとすればその際のネーミングの考えを聞かせて貰えましたら。

Because I studied Architecture (for a year before switching to Digital Music / Sound Art) and am interested in philosophy, I’m often intrigued by core frames / essence of things. In this way, I feel there’s a certain relation to the concepts of the label. Track names are fragmentation of the word “fragment” and I’m pleased with it as explained. :)

Digital Music / Sound Art学科に専攻を変える前に建築を勉強していた事、哲学に興味がある事、等から物事の核心に迫る本質や概念 / 構造に非常に興味を抱きます。こういった趣向はレーベルの持つコンセプトと確かな関係性があると感じています。全てのトラックタイトルは「fragment」という言葉の「分裂」であり(「fragment」の「fragmentation」という事で)とても気に入っています。

6. How would you describe your music in general? Could it be described as some kind of approach to making music or could your music be described at all?

6. (一般的に考えて)Yaporigamiの音楽をどの様に説明しますか?制作に対するアプローチの側面から考えて説明するのか、それとも説明自体、困難でしょうか?

In general term, It’s Glitch / IDM / Techno. I was told that my music sounds like there’s a living creature in it. As I’m trying to capture something beyond music by creating music. I pretty much liked to be described / said so.

音楽スタイル / ジャンルの言葉を借りるのであれば、Glitch / IDM / Technoとなるでしょう。生き物が潜んでいる音楽、と形容された事もあります。音楽を作る事によって、音楽を超えた何かを掴もうと挑戦しているので、こう形容された事は嬉しく思います。

7. What do you think the most reason for the music to be created for you? We also know you are going dipper into the visual production now. We think that is great fact. How is it related to the music you create and what is the first for you now in the creative process: the music or the visual or both? How are the music and the visual are related in this process? What was the first reason to start work with visual too?

7. 音楽を作る事の最たる理由は何でしょうか?私達は(貴方の関わっている)映像作品も良く知っています。とても素晴らしい事だと思います。(映像は)音楽に対してどの様に関係しているのでしょうか、また(映像作品の)創られるプロセスでは音楽が先でしょうか、それとも映像でしょうか?映像作品を発表して行く事になった切っ掛けは何でしょうか?

I seem to have been making music for therapeutic sake for a long. It might sound weird but creating music has been / is helping me a lot in this way for sure.

長い期間、音楽をセラピーの様に作っている感覚があります。不思議に聞こえるかもしれませんが(自分に取って)音楽制作は確実にこの様な形で手助けしてくれています。

Music comes first to me so far. Visual side is narrative to encourage people to see abstract music in more concrete way.

今までのコラボレーションでは全て音楽が先となっています。映像というのは抽象的な音楽を具体的に見る事が出来る様に促す物語だと捉えています。

When Lucio Arese created a video for the “Mimic”, it all suddenly made a total sense. As we, human, perceives information rather visually than auditorily, it is a great bridge between I sense.

Lucio Areseが「Mimic」に映像を付加した際、突然全てが完璧な意味合いを帯びました。私達は、情報を聴覚よりも視覚に頼って知覚するので、映像というのは(音楽に取って)素晴らしい架け橋だと感じています。

(+1) Please add the question or the topic you would like to include / explain in this questionare. Or / and / please ask anything you want here in this Interview to FF`SPACE.

(+1) このインタビューで追加したい質問やトピックがありましたら是非どうぞ。もしくはこの場でFF’Spaceに尋ねたい事がありましたら。

I’d like to say thank you again for all your efforts to put this release into a reality with warm respect.

この場を借りて、このリリースを現実にしてくれた事 / 実現の為に払った全ての奮闘に再度感謝します。暖かな敬意を込めて。

© + (p) YAPORIGAMI + FF`SPACE 2016photo by Miki Takahira

Recent various releases of Yaporigami (Yu Miyashita) and collaborations in the passed 2012 and 2015 years released on various labels:


Yaporigami — “A HECTIC TRUER”

Label: FF’Space (ffspace.info)

Country / year: UA / 2015

Format: Album, CD / Digital

Yaporigami — “Eye / Hand”

Label: Detroit Underground (detroitunderground.net)

Country / year: US / 2015

Format: Album, Cassette / Digital

Yu Miyashita — “Homage”

Label: SIGNAL_DADA (www.signaldada.org)

Country / year: Japan / 2015

Format: CD, Album

Yaporigami — “GRIND ANALYSTS FIG.1 “

Label: Stray Landings (www.straylandings.co.uk)

Country / year: UK / 2015

Format: Vinyl, 12", 33 RPM, EP

Junichi Akagawa / Yaporigami — 2012. “Nil Bit Berg Horn”

Label: hz-records (www.hz-records.com)

Country / year: Japan / 2012

Format: 10xFile, Album, MP3, 320 / digital download /free