プロジェクトを成功に導く、正しいファンディング期間とは?

how-to-set-fundingdays-top

YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。 クラウドファンディング では、各 クラウドファンディングサイト によって ファンディング期間 は1–120日と異なります。 ファンディング期間 も自由に設定することができます。一見長い方がいいように見える、 ファンディング期間 ですが、長すぎず、短すぎず適切な ファンディング期間 で行うことが最も プロジェクト 成立 に近づくので今回はそこをまとめました。


目次

1.アメリカで、成功するプロジェクトのファンディング期間とは?
 2.日本で、成功するプロジェクトのファンディング期間とは?
 3.ファンディング中に注意すべき、3つの波
 4.集中力を切らさずに続けること
 5.まとめ

1.アメリカで、成功するプロジェクトのファンディング期間とは?

アメリカでは、 クラウドファンディング が市民権を得ているためか、短い期間でも大型の資金調達に成功している例は多くあります。 アメリカの クラウドファンディングサイトKICKSTARTER する プロジェクト の平均 ファンディング期間 36日という数字が出ているそうです。アメリカは クラウドファンディング への出資 が当たり前になってきているというのがここでもわかります。

2.日本で、成功するプロジェクトのファンディング期間とは?

日本はアメリカと同じよう ファンディング期間 は短いのかと思いきや、クラウドファンディング総合研究所の調べによると 成立 している プロジェクト の平均 ファンディング期間 は54日間と出ているそうです。このようにアメリカとは20日弱違いが出ています。アメリカとの違いを考慮しても プロジェクトファンディング期間45日前後 が適しているのではないでしょうか。

3.ファンディング中に注意すべき、3つの波

なお、 ファンディング期間 は大きく分けて3つ波があると言われています。 それが

スタートダッシュ
 中だるみ期間
 ラススパート

この3つ です。 この3つの波に大指定それぞれ対策を練ることは プロジェクト サクセス に近づきますので、しっかりと対策を立てて、安定的に 支援者 を集めることのできるようにしましょう。

スタートダッシュ

スタートダッシュ は最も 支援者 が集まりやすい時期でもあります。だいたい プロジェクト から一週間ほどが最もアクセスが集まると言われています。

中だるみ期間

中だるみ とは、 スタートダッシュラストスパート の合間で特に 志金 が集まりにくい時期です。 中だるみ 期間があるので ファンディング期間 を長く設定すると、この 中だるみ期間 も長くなってしまい、「時間にまだ余裕があるからまた今度にしよう」と、出資 を遠ざけてしまう恐れがあります。

ラストスパート

ラストスパートスタートダッシュ と同様に 志金 が集まりやすい時期です。終了の5日前から駆け込みの出資 が集まってきます。なので、 twitterfacebook などのSNSやすでに出資 してくれてる人に プロジェクト の紹介を促したりして、 ラストスパート を盛り上げることができます。

4.集中力を切らさずに続けること

もっとも大切なのが、 ファンディング期間 は集中力を切らさず、この 志金 集めに注力することが大切です。 プロジェクト 公開 後、集中力を切らしてしまうと プロジェクト の更新や 見込み とのコミュニケーションがおろそかになってしまうので、 ファンディング期間 はしっかりと、 志金 集めに注力しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 クラウドファンディングファンディング期間 はある程度自由に決めれるので、長く設定しがちですが ファンディング期間 が長すぎると全体的にだらけてしまう時間を作ってしまうので、長い ファンディング期間 は避けるようにしましょう。

Originally published at クラウドファンディングカンファレンス|CF成功メソッド集.