欅坂46から見る今年のアイドル革命について

今年の4月、坂道グループ第二弾の欅坂46が「サイレントマジョリティー」という曲でデビューしました。先行でYoutubeで公開されていたミュージックビデオが公開されてからすごい勢いで再生されて話題になりましたね。私も「ついに秋元さん本気出してきたなぁー。」って思わず驚いてしまいました。今や、私の中では本店といわれるAKB48を除く48グループはこれから衰退してしまうのではないかと思います。これは各グループのメディアへの出演頻度から見ても理解していただけると思います。そして今年は私の中で大きな世代交代がありました。乃木坂の橋本奈々未卒業&芸能界引退そしてAKB島崎遥香卒業という大きなニュースです。彼女たちの卒業や欅坂46のデビューによってアイドル界が大きく変わったのは間違いないでしょう。何年か前に2020東京五輪の開会式にAKBグループが出るなんて話がありましたが、もしかしたらもうそのころには48グループなんて人気がないかもしれませんね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.

Responses
The author has chosen not to show responses on this story. You can still respond by clicking the response bubble.