Windows10 Creators Updateはコンシューマーにどんな恩恵があるのか。

今春、Windows10 Creators Update(Redstone2)がリリースされます。もう下記のようにinsiderpreview版もリリースされているので少しずつ内容が明らかになってきています。

とこのようにグラフィック関連のアップデート(Microsoft HoloLensの日本人開発者向け発売によるもの)が多いと思います。僕が今使っている文章打ちのためのパソコンや4年前のノートパソコンではあまり恩恵がないのではないかなと少し心配になっています。実際のところまだIntel内臓グラフィックスの性能もここ数年で向上したとはいえ、まだグラフィックカードの性能には及ばないし、Microsoft HoloLensの普及にはもう少し時間がかかりそうなので、主にマウスとキーボードでパソコンを使っている人にとっては大きな変更点はないかもしれません。

Windows10自体完成度が上がってきていますが、Windows10 Mobileを使っている僕からすればもう少しMobileのほうもOS自体の完成度を上げて安定したOSにしてほしいです。IMEの変換効率の向上や各種動作の安定度の向上などでWindows10はますます魅力的なOSになると思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.