Gacharic Spin「赤裸ライアー」:バンドで聴覚的に、パフォーマンスで視覚的に魅せるロック・スタイル

Gacharic Spin

骨太なサウンドでタフなロックを聞かせてくれるバンド、Gacharic Spin(ガチャリック・スピン)。ドラム&ボーカル、ベース&コーラス、ギター&コーラス、キーボード&ボーカル、そして2人のパフォーマーから構成されるバンドです。またひとつ、素晴らしい音楽に出会いました。

9月にアルバム『確実変動 -KAKUHEN-』をリリースした後、tvkの『saku saku』に出演し、強烈なインパクトを残しました(毎日何かしら驚かされる)。YouTubeでアルバムのトレーラーを再生してみると、聞き覚えのあるメロディに出会いました。メガシャキのCMソング「シャキシャキして!!」です。目の前の空気を震わせる音と、記憶に残っていた音がつながります。Apple Musicにアクセスして、バンドがリリースしてきた音源を遡る旅が始まります。まずは「赤裸ライアー」から、その旅を始めましょう。

Music video by Gacharic Spin performing 赤裸ライアー

Gacharic Spinの「赤裸ライアー」は、メジャー・デビューして最初にリリースしたシングルであり、2015年のアルバム『MUSIC BATTLER』に収録されています。ドラムとベースとギターとキーボードで構築するサウンドは分厚くて、力強くて、時として荒々しい。挨拶代わりのベースソロで始まり、他の楽器が重なって密度の高いハード・ロック・サウンドが築かれていきます。イントロからわくわくさせてくれる、この高揚感は魅力的な音楽であることの証です。

どのパートも存在感を放っていて印象深いのですが、あえてピックアップするならギターですね。爆音で鳴らせば激しくパワフルに響き、熱くて厚い音を聞かせてくれます。一方、テクニカルに刻むリフからは、サウンドを膨らませるインテリジェンスも感じます。ツーバスやソフト・シンセとの絡みも良い。ドラムもベースもキーボードも濃密な音を出しているので、もっと多くの曲を聴いて、いろいろなパターンを聴いていこうと思います。聴けば聴くほど広がる世界。震えます。