Zedd and Elley Duhé「Happy Now」:リリカルに響くhappyとsad、音は穏やかに響いて歌声を支える

近年、Zeddは素晴らしいコラボレーションを世に披露しています。「Stay」ではAlessia Caraと、「Get Low」ではOne DirectionのLiam Payneと、「The Middle」ではMaren MorrisとGreyと組み、それぞれの歌声の魅力を最大限に引き出しつつ、心と身体を刺激するサウンドを提供しています。新しいシングルを発表するたびに新しい感動を享受できるのが嬉しいですね。

そして今夏、Zeddは新しいタッグで新曲「Happy Now」を発表しました。先述のコラボレーションと比べて、サウンドは格段に穏やかです。バラードというほどではありませんが、ソフトな印象を受けるポップスです。音のバランスや響き、減衰していくプロセスや余韻をじっくり楽しむ感じでしょうか。音の隙間というか、音で埋まらない空間を含めて楽しみたいアレンジです。とくにギターとピアノの音が味わい深いと思います。「Happy Now」の音について、これまでと比べて最もorganicに響く曲だとZeddは述べていますが、さもありなん。

ボーカルとして参加しているのはシンガー・ソングライターのElley Duhé。その歌声を初めて聴きましたが、ひと言でいうと「心地好い」です。心にすっと入り込むというか、優しく温かみを与えてくれるイメージを抱きます。“Are you happy now?” というフレーズの声やメロディが心に残ります。穏やかな中にも、タフさを感じる歌声です。音が比較的控えめなのはElley Duhéの歌声の魅力を前面に押し出すためなのかもしれません。

Lyrically, it’s a song that is both happy and sad at the same time, while musically, it’s a song that rather leans towards a happier, sunnier side. (Zedd)

リリック・ビデオをアップしたYouTubeのページでZeddが綴ったところによると、歌詞は幸せと悲しみを併せ持つ一方で、音はより幸せで明るい方に寄せているとのことです。リリック・ビデオを観ると分かるかと思いますが、シンプルな言葉をつないだ歌詞が並びます。穏やかな音に乗せて、言葉がふたつの感情を移ろいます。