ワクワクするこの感覚はiPhoneに似ている

ドローンのデモ映像、楽しい!

日本は空の規制が厳しくてなかなか飛ばせるところがなくて、今一歩、購入に現実味がないのだけれど、そうこうしているうちに、海外ではドローンが進化しているようだ。

先週、DJIとParrotの2大メーカーが相次ぎ新機種を発表した。どちらも小型化とパーソナル化を意識し、ユーザーの期待を大きく超える機能を備えている。

デモ映像を観るとワクワクする。

この感覚は、iPhoneがスティーブ・ジョブズのプレゼンで世に出た時に似ているなぁ〜と思う。

ポイントは小型化と安定性を追求したハードウェアとそれ活かす高度なソフトウェア。スペックよりもユーザー体験が重視されている点もiPhoneの時と似ている。要素技術だけで言えばこの分野は日本も強かったはずなんだけどなぁ〜、てところも。

こんなものが無秩序にパーソナル化してみんなが飛ばしはじめる状況も想像しずらいけど、もうちょっと飛ばし易くなれば欲しいなぁ〜

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.