【太郎は万能】なんにでも「太郎」をつける

どうも、お笑いCTO福本です。
今日は嬉しいニュースがありました。

弊社サービス「DIIIG(ディグ)」の商標登録が完了しました。(どやぁ)

我が家で言うところの「嬉しい太郎」です。

じつは最近なんにでも「太郎」をつけるのが夫婦間で流行っています。

「お腹すいた太郎」「お疲れ太郎」「寒い太郎」「やば太郎」

などなど、太郎は万能です。語感が良ければ何にでも付けます。
ちなみに本来の意味からは何も変わりません。

なおDIIIGはこんなサービスです

DIIIG(ディグ)は 地域情報を深く掘りさげて得た経験や情報を、共有・発信=【フカボリ】するメディアです。
地域を知りたい・訪れたい人々が過ごす体験を、より深くします。
Like what you read? Give Shinya Fukumoto a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.