とにかく表現して、とにかく発信して、自分をっていく。

今世の中を創ってる人たちに早く並びたい。

まずは自分の存在を認知してもらうことから。

SNSを通じてチャンスがいくらでもある今。

そして、今日

その大きな一歩を踏み出す、Mediumで。

どうせ表現し、発信するなら。

思いっきりカッコつけた自分の枠を作って、あとから埋めていく。

それが、中学時代からの僕のやり方。

開会宣言

どうせなら、七夕にすればよかった。

まあいっか。

吉田将来

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Masaki Yoshida’s story.