カオナシで表現・発信できる時代

インターネットの普及で、

文字ベースでのコミュニケーションが一気に発展した。

メールやチャットが発達し、

表情・声色抜きで表現&発信できるようになった。

対面しなくても

想像力でコミュニケーションが成り立つ。

ただ、その想像力は人それぞれだということを忘れがち。

カオナシで伝わる文字。

受け取る側は無意識に自分好みの仮面をかぶせてしまう。

だからこそ、

伝える側はどう伝わるかをもっと考えなければなくては。

当たり前だけど、忘れがち。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Masaki Yoshida’s story.