2015/10/24 ベルマーレvsアントラーズ

弱者のサッカーとして完璧だったかな。全員がサボることなくファイトする。攻守に顔を出す。体を張る。スペースを与えない戦い方をしてくる順位が下のチームと違い相手も前に出てくるので、局地戦で勝てばその裏にはスペースがあるような試合では、気迫でくらい付きあるいは人数をかけて数的有利を作り出してそのスペースを攻略し、前半のうちに2点リードすることに成功。後半は想像通り押し込まれる展開になってもみんなで踏ん張ってロスタイムのCKでの失点のみに抑えて、なんとアントラーズ相手にダブル達成。
ベルマーレの右サイドの古林・藤田は2試合目とは思えないほど整理されていたし、バイアが出れない中で島村も変わった坪井ももちろん遠藤もDF陣は高い集中力を見せていた。また左サイドも悪い時に比べて見違えるように連動していて、やっぱり格上相手の方がまとまるのか?とかうがった見方をしてしまう。
しかし、なんといってもCMFの二人がいい。菊地も山形戦では消極的になっていたけど、キャプテンがとなりにいることで思い切りのいい攻撃参加をするようになり、結果的に得点もマーク。サイドもそうだけど、組み合わせで良さが引き出される関係っていうのがあるんだろうね。
Man of the matchは攻守に体を張り続けたキャプテン永木。攻守というよりは攻撃的な守備と苦しい時に顔を出す運動量でチームを助け続けた印象。

試合後はホーム最終戦ということでセレモニーを行うも、まだリーグ戦は2試合あるので簡単なあいさつと振り返りの映像のみ。ああ、去年からベルマーレを見始めた身としては降格と昇格の間にある喜怒哀楽を想像していなかったよ。たしか、あの頃ガンバは・・・あとは、キャプテンと監督のあいさつのときに出された弾幕。「湘南の宝 永木亮太」「湘南が更に上に行くにはまだまだチョウキジェの力が必要だ」それぞれ各人の心に響いたことでしょう。特に監督は湘南のファーガソンになって欲しいとの声すらあるけど、何より観客としては来年以降も一喜一憂させて欲しいものです。

Like what you read? Give gamba-and-or-bellmare a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.