先日、2021年3月期決算を発表し、今期の戦略について説明しました。PROGOSを中心に拡大させていくという点、投資家との対話の中で興味を持ってもらえているなと感じています。その一方で、言葉だけではなく、具体的なコミットを行動で示す必要もあるなと感じています。そこで、個人で一定量の自社株(レアジョブ株)購入をすることとしました。以下、そのストーリーとなります。

今期の戦略について

オンライン英会話事業は当然ながら成長させていきますが、今期の中心に据えているのは自動採点による英語スピーキングテスト、PROGOSです。現状、日本においては社会人向け英語のテストといえばTOEICが中心です。しかし、TOEICはListeningとReadingが主であり、スピーキング力を測定するものではありません。そのため、TOEIC800点あっても話せない、海外事業部に配属しても使えない、といった声が人事の方などからあがってきます。この課題を解決するためには、スピーキング力を指標としたテストが必要であり、レアジョブが開発したPROGOSは、まさにこの課題を解決していくものです。

日本の大きな課題を急速に解決していくためにも、スピードをトップギアにあげて投資していく必要があり、PROGOS100万回受験!!を今期のターゲットとし、全社で全力を尽くしています。そして、5年後には英語力評価といえばPROGOSとなり、現状のTOEICの座をひっくり返します。

履歴書にはPROGOSでの英語力測定結果指標がのり、入社時や昇進時、異動時にもその指標が活用される。そんな社会になっていきます。そうすると、このPROGOSの周辺に多様なビジネスが生まれます。我々は様々なビジネスをその周辺に展開させ、収益をあげていきます。そのためにもまずはPROGOSを多くの人に使ってもらい、認知を広めていき、当たり前のように使ってもらっている状況を作っていかなくてはいけません。それが今期PROGOSに投資する理由です。

現状の株価について

先日、個人投資家向け説明会にて「現状の株価をどう捉えていますか?」という質問を受けました。私は率直に言って低いと思っており、現状の弊社の業績、業績見込みであれば、近しい業績・事業のPER等をみたとしても、現状の倍程度が妥当だろう、と回答しました。いや、将来PROGOSが英語力評価のスタンダードとなり、現状のTOEICをひっくり返すことを考えれば、もっともっと高くて然るべきなんですが、そこは大きく割り引いて計算しています。

じゃあ、自己株買いしないの?という疑問を持つ方も多いでしょう。しかし、自己株買いには分配可能額の範囲内でしか行うことはできません。そこには配当も含まれます。また、先日、増進会を割当先とした第三者割当による自己株式処分を行いましたが、実行後一定期間(半年など)は反対売買となる自己株買いはしないというのが一般的となっており、自己株買いはすぐには実行できません。

株価は低い水準だと思っている、と発信しておきながら、何も目に見えることは実行しない、というのは経営者としてモヤモヤするなと考えていたところ、個人で自社株を購入すれば実質的に同じメッセージとなるのでは?と考え、それが実現可能だということがわかったので、実行することとしました。経営陣はインサイダー情報を持っていることが多いため、自社株を売買できる機会は非常に限られているのですが、本決算発表後の窓開け期間中に、知る前計画(個人の意志に関係なく、機械的に発注することとなる)を提出することにより、6月に自社株式(6096:レアジョブ株)を個人で購入することとしました。

なお、すでに提出した知る前計画による自社株式購入ですので、場の状況によってはまったく購入できない、という状況も発生する可能性があります。もし全部購入できた場合は、60,000株購入となります。仮に全部購入できた場合は発行済株式の0.6%程度であり、昨日6/2の終値1806円で計算すると、1億円は超えることとなります。

企業による自己株買いの場合はリリースを出す必要ありますが、個人の場合、それは求められていません。しかし、大株主かつ社長として、一般株主にとっては会社による自己株買い発表に近しいインパクトがあるのではと考え、この記事を作成し一般株主の方々に周知することとしました。

これからもレアジョブグループは、グローバルに人々が活躍する基盤を作るため、様々な活動を行なってまいります。

個人投資家説明会動画はこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=Kv7Qz5gSpQU


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。2017年11月から3年間続けてきましたが、今月をもってこの形でのレポートは最終回にします。音声配信もあるし、Twitterもあるし、Weeklyレポートの形は一定の役割は終えたかなと判断しました。今後は、音声配信だけでなく、文字としても残しておきたいことがあれば書くことにしたいと思います。というわけでラスト。

①Reimagine Education Award 2020にてPROGOSが銀賞受賞

ビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」が、世界最大級の教育コンテスト「Reimagine Education Award 2020」の学習アセスメント(LEARNING ASSESSMENT)カテゴリーにおいて、銀賞を受賞しました。なんと、このアワードにおいて、日本の団体の受賞は初!

今年度は全世界72カ国から約1400件以上の応募があり、世界中の260人の審査委員による厳正な審査を経て受賞団体が選考され、受賞となりました。このシステムが日本のみならず、世界にも展開できうることが証明できたなと思います。早速、いくつかの海外企業に試してもらったりしていますが、これからの展開が楽しみ。

音声配信はこちら↓

②RareJob Philippinesでオンラインクリスマスパーティー開催

毎年行われているフィリピンのクリスマスパーティーですが、今年はコロナでできない状況、しかしそこはフィリピン。オンラインでの開催となりました。ラッフル、各部門による出し物(事前に収録したビデオ)、クイズ、表彰などなど。視聴者が飽きないように工夫しながら長時間の開催。さすがのクオリティであっぱれ。

音声配信はこちら↓

③仕事納め&年末のレッスン

会社の休みとしては12/30–1/3としてます。今週はすでに多くの人が有給取得して一足早く年末年始休暇に入ってます。なお、レアジョブ英会話のレッスンは今年は31日の20時まで行います。新年は1/2よりレッスン開始します!

④メディア掲載

いくつかのメディアに掲載いただきました。

日経の「コロナ禍でも積極投資した企業」では16位としてレアジョブがランクイン。PROGOSについても触れていただいていました。ありがとうございます。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD2868N0Y0A221C2000000

Find Careersにてインタビューが掲載されました。ちょうど東証一部上場のときだったので、そういった話題も。

Japan Stock ChannelというIR系Youtube番組に出演しました。緩い感じのIR番組だったので楽しくできましたね。


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。ここ2週間の動きをレポート。

①東証一部上場

11/20(金)東証一部に上場しました。午後に東証一部に向かい、セレモニー。運良くその週から縮小版でセレモニーが開催されることになりました。ソーシャルディスタンスでの写真、一人ずつの打鐘が行われました。本当はみんなでワイワイきて、パネルの前で記念写真撮りたかったんですが、そこは残念ですね。記憶に残る1日になりました。

東証一部というのはあくまで通過点ではありますが、その通過点を無事に予定通り通過することができた、というところに組織としての強さを感じます。皆の力の結集でできたものですね。みなさん、本当にお疲れ様でした。そして東証一部上場企業となった今、視点をこれまでよりも一段あげ、事業のみならず社会的責任も意識しつつ、様々な手段によって企業成長させていきます。


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。ここ2週間の動きをレポート。

①東証一部への市場変更承認

13日の金曜日、レアジョブは東京証券取引所の承認を受け、11月20日をもって、東証マザーズ市場から東証一部市場へ変更されることとなりました。

昨年秋に市場変更準備を開始してから1年弱、管理部門を中心に多くの準備作業、体制整備、予算達成等を経て、承認となりました。関わった皆様、本当にお疲れ様でした。目標としてセットした時期に合わせ、きちんと進められて達成できたこと、チームとしての力がすごい!

これからは東証一部企業として、より気を引き締めつつ、しかし大胆な施策は積極的に行って変化を生み出し、グローバルに人々が活躍する基盤を作っていきます。皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

東証の市場変更銘柄一覧ページはこちら

②第2四半期決算発表

2021年3月期第2四半期決算発表を行いました。

売上高:26億6,100万円 (前期比+27.7%)
営業利益:3億6900万円 (前期比+102.1%)

1Qは緊急事態宣言により、巣篭もり需要で大きく有料会員数が伸びた一方で、一人当たりレッスン数も大きく上昇したために売上総利益率は大きく減少しました。緊急事態宣言開けの2Q、東京の人の波と同じように一人当たりレッスン数も落ち着きだし、例年に近づいてきました。そのため、売上総利益率も回復しました。

先月上方修正した通期予想に対しても、売上進捗率49.3%、営業利益進捗率57.7%と順調に進捗しています。

上半期のトピックスを振り返ると、大きなものはスピーキングテストのPROGOSリリースくらいで、例年に比べると少ないなとも感じています。下半期はより変化を生み出せるよう、加速させます!

決算補足説明資料はこちら


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。ここ2週間の動きをレポート。

①議決権行使結果の訂正

先日、三井住友信託銀行における議決権処理において、株主総会前日に届いたものが反映されていないというニュースがありました。

その影響を受け、弊社も修正となり、今年分に関して146個分が反映されていなかったことがわかりました。そのため金曜日に訂正報告書を出しました。

②上期人事評価会議

上期の人事評価会議が行われました。人数が多くなってきたり、部門も増えてきたこともあり、少しずつ人事制度変わっていきましたが、評価方法、評価会議についても変えていかないといけないタイミングになってきました。何がベストかって絶対的な解はなくて、その時そのタイミングにあったものに変化させていく必要があるので、少しずつ変化させていきましょう。

③AERA dot.で弊社社員のコメントが紹介されました

AERA dot.にて弊社プログラム開発部社員のコメントが紹介されています。英語学習、オンライン英会話活用について様々な角度からの記事になっていますね。

④神戸市のFoundersにて講演

神戸市の学生向け起業家育成プログラムにて講演しました。神戸市の担当者が高校の後輩で、かつ、フィリピンで会ったこともあり、依頼をいただきました。起業時の泥臭いことを中心に話し、いろいろと質問ももらいました。すでにビジネスやっている人も多く、そこから何か良いサービスが生まれていくと嬉しいですね。


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。ここ2週間の動きをレポート。

①上方修正を発表

14日の水曜日に期初に発表した通期業績予想の上方修正を発表しました。当初はコロナの影響がかなり不透明であり、保守的に計画していましたが、1Qが終わり、ここまでの進捗を見て、当初の通期業績予想を上回る見込みとなったために、上方修正を発表しました。

売上 53億円 → 54億円
営業利益 5億円 → 6.4億円

下期も皆で頑張っていきましょう。

②スマートメソッド コース個人向けサービス提供開始

法人向けに展開していた、短期集中で英語スピーキング力をアップさせるスマートメソッドコースですが、好評につき個人向けにも展開することとなりました。4ヶ月で1レベルアップを保証するスマートメソッド 。これまで多くの方がレベルアップしてきた自信のサービス。45万円+初期費用5万円と通常のコースよりも高額になってますが、それだけのものになっています。ぜひ、内容をご覧ください!


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。ここ2週間の動きをレポート。

①上期終了

上期が終了し、下期が始まりました。皆さん、上期お疲れ様でした。上期が終わると、人事評価、昇格、目標設定といったことが行われます。人事的なあれこれが多くある時期です。マネージメントする人たちは、一番考える時期でもある重要なシーズン。下期もがんばっていきましょう。

②データサイエンティストの連載に登場

マイナビのデータサイエンティストの真の姿に迫る連載に、PROGOSを担当した弊社データサイエンティストの山本氏が登場。

山本氏に、今後の展望について聞いてみたところ、「データを切り口として、事業に貢献していきたい」という答えが返ってきた。データを組み合わせることで、どうビジネスをドライブしていきたいかを追求していきたいという。同氏が目指すデータサイエンスは、あくまでもビジネスに寄り添ったものというわけだ。

熱い内容が書かれていいですね。期待しています!

③AERA Englishに掲載

「AERA English」のオンライン英会話特集にて、「レアジョブ英会話」ならびに、プログラム開発部の深井氏のコメントが多岐にわたり紹介されました。また、「レアジョブ・スピーキングテスト powered by PROGOS」についても、新たなオンライン英語テストとして特集されています!ありがとうございます!

④標的型メール訓練実施

社内のセキュリティ意識を高めるために、標的型メール訓練を実施しています。今回は、知らないドメインから、個人名宛てで緊急連絡先を登録してください、というメールが来て添付ファイルを開かせようとするもの。Fromを見たら、おかしいよね、と気づくものですが、開いてしまった人もいて、100%とはならず。今回は訓練でしたが、日々手段は巧妙化していくので、皆で注意力をあげていきましょう。

日々、stand.fmで何か配信したり、ライブ配信してみたりしていますので、よければフォローしてみてください。

レアジョブは、日本人1,000万人を英語が話せるようにする、というサービスミッションを一緒に実現していただける方を常に求めています。


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。

①がきおのYoutube Live配信

木曜日、弊社Youtuberがきおにより初Live配信が行われました。同時視聴者数は最大で100人くらいいましたね。チャット上は関係者が非常に多かったので、1/3くらいは関係者だったのかもしれませんが。

内容は英語学習お悩み相談、ということで、視聴者から寄せられた英語学習に関するお悩みに、Dr.ちゃんおだとともに答えていってました。ユーザーとつながって、そのお悩みに答えるというのはいいですね。今後もLive配信期待しています。

②#05 Challenge 拡大成長のひずみ リリース

レアジョブストーリーを記事にして配信している、Challenge、今回は2012年前後の話。インシデントが起こったあの年。藤田取締役が入社したあの年の話題。どういった組織状況で、外部から優秀な人が入ってきてどういう風に変化していったのか。当時の様子です!

③夏休み取得者も多数

弊社では7〜9月に5日間の夏休みを取ることができるようになっています。9月も半ばになり、夏休み取得者も多い時期になりました。4連休がありますし。とはいっても例年とは違って、海外旅行に行く人はいませんし、国内旅行も例年よりは少なめといった状況。そのため、まとめてではなく、ぽつぽつと休みを取ってる人もいます。

④stand.fmはじめました

いろんな人がYoutubeで配信している昨今ですが、Youtubeは美男美女、面白い人、有名人に相性がいいだろうし、撮影・編集含めて諸々大変だよね、と思っていて、やるなら音声のみのほうが楽だろうなと思ってました。で、広報の人にやろうよ、と言われたので、じゃあやるかと思い、やり始めました、stand.fm。

stand.fmは音声配信プラットフォームで、個人のラジオですね。収録もLive配信もできます。何を配信するといいのか、試行錯誤しつつ、経営、スタートアップ、EdTech、英語、グローバル、などなど仕事と関連するような話題について、できれば毎日5分程度のテーマで気軽に配信していこうと思います。今のところ、5日間続いています。目標としては、まずはがきおのYoutubeの視聴数を超えることですね。

今日はいろんな人のLive配信聞いてましたが、聴き始めた人のプロフィール見れるので、それでレアジョブの話題を配信中に入れてくれた方が多数いました。結構利用してくれていた方もいたし、たまたま配信中の英語学習のLiveを聞いたら、レアジョブ英会話を利用して勉強していて、その学習方法について配信してくれたりしていました。新しい感覚で色々勉強になりますね。

しばらくはやっていきますので、聞いてくれたり、質問いただけたら嬉しいです!

チャンネルは↓

レアジョブは、日本人1,000万人を英語が話せるようにする、というサービスミッションを一緒に実現していただける方を常に求めています。


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。2週間分の動き。

①レアジョブの歴史 Challenge #04 の記事がリリース

レアジョブのこれまでの歴史、チャレンジを記事にて掲載しているChallenge、その#04がリリースされました。今回は2011年あたりのできごとの話。レアジョブ卒業生で現在はFindy CEOの山田氏にもインタビューをさせていただいています。ご覧ください。

ちなみにですが、これらの連載、英語版も出しているんです。

②日本証券新聞に掲載されました

先日Zoomで取材を受けましたが、その記事が日本証券新聞に掲載されました。 ありがとうございます。記事内容はこちらから読めますので、ご覧ください。

③東京書籍が発行する高校英語の教育情報誌にてEnvizion杉山社長のインタビューが掲載

東京書籍が発行する高校英語の教育情報誌にて、オンライン時代の英語教育特集がありました。その中で、文教事業を行う子会社のEnvizion杉山社長のインタビューが掲載されています。こちらにその内容がありますので、ご覧ください。

④Escholar Online英会話提供開始

Envizionで学校向けに提供しているオンライン英会話レッスンを、そのまま同じ教材を利用して生徒が自宅でも利用できるサービスです。学校の授業と自宅での学習、双方が一貫して使えることでスピーキングについても予習復習ができますね。

レアジョブは、日本人1,000万人を英語が話せるようにする、というサービスミッションを一緒に実現していただける方を常に求めています。


今週のちょっとしたレアジョブ社内の動きを4つレポートする、Weeklyレアジョブレポート。2週間分の動き。

①ビジネスインサイダーで山本氏のインタビューが掲載!

先日リリースした英語のスピーキング力をテストする「PROGOS」の機械学習を活用した自動採点を開発した山本氏のインタビューがビジネスインサイダーに掲載されました。ありがとうございます。

『文章としては支離滅裂だけど、答えの意味は通じる』ということが人間ならばよくあります。それをAIで再現するのは簡単ではありません

こういった難しさをどうやって克服していったのか、詳細はインタビューをご覧ください!

②高校教員向け機関誌にて、杉山氏の寄稿文が掲載

高校教員の方を対象とした機関誌『NEW SUPPORT』において、文教向け事業を行なっている子会社のエンビジョン杉山社長の寄稿文が掲載されました。 コロナ禍におけるオンライン学習利用状況の変化、EdTechの可能性やハイブリッド型英語カリキュラムへの転換など、教育機関向けサービスの今と未来が語られています。

③ISMS認証を更新

レアジョブではISMS認証を取得していますが、ISMSは3年に1度の全部門対象の更新審査があります。こちら、8月上旬に行われ、無事、ISMS認証を更新することができました。関係者の皆様、お疲れ様でした。全社でセキュリティの意識を常に保ち、よりレベルを上げていくために、今後も取り組んでいきます。

④書籍でレアジョブが紹介されました

今年の3月で9年間務めた開成校長を退任された柳沢元校長の書籍
ハーバード・東大・開成で教えてわかった 「頭のいい子」の親がしている60のこと
にてレアジョブが紹介されました。創業者二人が出身ということもあり、「開成卒業生のgood job」というコラムにて取り上げていただきました。柳沢校長ありがとうございました!

レアジョブは、日本人1,000万人を英語が話せるようにする、というサービスミッションを一緒に実現していただける方を常に求めています。

Gaku Nakamura

株式会社レアジョブ代表取締役社長。日本とフィリピンを行き来しながら「日本人1,000万人を英語が話せるようにする」を実現しようとしている。Founder, CEO of RareJob, Inc.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store