佐賀県上峰町とオンライン英会話業務委託契約を2年連続締結

昨年度、レアジョブは佐賀県上峰町と契約を締結し、上峰小学校の6年生全員にオンライン英会話の授業を実施した。授業実施後の生徒のアンケートからは非常に大きな成果が出たことがわかった。

文部科学省が設定する外国語活動における学習評価の3つの観点〔言語や文化に関する気づき〕〔コミュニケーションへの関心・意欲・態度〕〔外国語活動への慣れ親しみ〕のすべての項目について、改善および向上が見られた。

質問:外国の人と話すことが好きですか?〔言語や文化に関する気づき〕

事前で「とても好き」「少し好き」の割合が58%だったものが、事後では97%と向上した。

質問:英語を使って外国の人と一人で話すことができますか?
〔コミュニケーションへの関心・意欲・態度〕

事前に「できる」「だいたいできる」の割合が23%だったものが、事後では73%へ向上した。

質問:外国の人と話した時に緊張しますか?
〔コミュニケーションへの関心・意欲・態度〕

事前に「とても緊張する」「少し緊張する」の割合が87%だったものが、事後では38%へ減少した。

質問:外国の人が話していること、少しでも理解することができますか?
〔外国語活動への慣れ親しみ〕

事前に「できる」「だいたいできる」の割合が66%だったものが、事後では96%へ向上した。

これらの結果からも、小学生の英語への関わり方、外国人との関わり方に大きな変化を与えられたことがわかった。今年度は、小学5年生にも拡大し、5年生、6年生の2学年にオンライン英会話を提供していくことができるようになった。担当者が足繁く上峰町に通い、様々なサポートを行い、信頼を作り、そして成果をあげてきたからだ。小学生のうちからレアジョブ英会話で学んでいることの教育的価値は大きい。この小学生たちが将来どうなっていくのか楽しみ。

地元の佐賀新聞や毎日新聞にも取り上げていただいた。

上峰町を筆頭に、日本の多くの小学校でも提供し、英語教育を変えていきたい。未来の学校の英語教育を一緒に作っていきたい方、募集中です!

https://www.wantedly.com/projects/37439

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Gaku Nakamura’s story.