有償ストックオプションを発行した

先日有償ストックオプションを発行した。業績達成できたら、その分のリターンが得られるという成功報酬のようなものだ。マネジメントだけに発行している会社もあるが、弊社では全社員に発行している。個数はポジション、本社だけではないマネジメントなどを考慮し決めている。割り当て個数少ないよ!という方、申し訳ない。また、決議後に入社している人には発行できていない、申し訳ない。

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

有償ストックオプションって?

まずこの有償ストックオプションって何か。

「一定の業績を達成することで、現在の株価にて株式を買える権利」を買うことができるもの

と言えるかと思う。ちょっとわかりにくいので、ざっくり言うとこんな感じか。

・業績あがって目標達成したら、成功報酬が得られます
・でもそのためには、お金を最初に払ってリスクを取ってください
・業績達成できなかったら、最初に払ったお金は無駄になります

すなわち、業績達成させれば株価は上昇するだろうから既存の株主はハッピーだし、業績達成にがんばった従業員もそのご褒美に預からせてください、という制度。

どんな条件が付いているの?

今回のレアジョブの有償SOは、こんな条件になっている。

2017/3期、2018/3期、2019/3期のどれかで営業利益5億円を超えれば、100%行使可能。3期のうちどれかで営業利益2.5億円を超えれば50%行使可能、3期のうちどれかで営業利益1.5億円を超えれば10%行使可能。ただし、この3期に営業利益1700万円(昨期の営業利益が基準となっている)を下回ったら、それ以降権利行使はできない、というものだ。この業績達成がどれくらい大変か、などなどをモンテカルロシミュレーションによって算定して、発行価格が以下のように決定した。

1個(100株)当たりの発行価格:2,000円
行使価格:1,436円

どれだけ儲かるの?

で、実際、どれだけリターン得られるの?ということ。

2個(200株)の場合

必要投資額:4,000円

営業利益5億円で、100%条件達成時、その時の株価が

5,000円の場合:(5,000–1,436)*200 = 約71万円
10,000円の場合:(10,000–1,436)*200 = 約171万円

が得られる計算になる。

自分たちががんばったことによってボーナスが得られるかもしれない。そういう金融商品だ。

買う、買わないに関しては個人の判断だが、会社としては定期的にこういう頑張れば得られるかもしれないチャンス、というのを提供していきたい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.