2020年問題

21世紀に入って気がついたとある問題

♪ OKAWA Shigeki
Oct 30, 2013 · 3 min read

以下、2008年4月10日に書いた記事です。


ふと気になったこと。

コンピュータ上のファイルに名前を付けるとき、日付(年月日)を先頭に付けるという方式をずいぶん昔から採用してきた。ずいぶん昔とは、私がコンピュータを日常的に使い始めた1980年代後半からである。

当初はさほど深く考えず、たとえば1987年4月10日だったら「870410diary.txt」のようなファイル名を付けた。その頃は、ファイル名に日本語を使うといろいろ厄介なことが起こったので、すべてアルファベット半角文字だったのが、やがて日本語も使うようになり、「951011なんとか会議議事録.doc」のような具合に発展した。

この「西暦下2桁年+月日+内容.拡張子」方式はまずいなぁ、ということに気が付き始めたのは、確か1995年頃である。このまま続けると、2000年になった瞬間にファイル名が「000101元旦の記録.txt」のようになり、ファイル名でソートすると1999年のファイルよりも2000年のファイルが前に来てしまうではないか。1987年頃からファイル名を「19870410diary.txt」としておけばよかったのである。先見の明に乏しいとはこういうことである。実際、2000年になるときには、こういう事象も含んで「2000年問題」と称して世の中が大騒ぎになった。

そういうわけで、いまだに前世紀というか1900年代のファイルが混じったディレクトリ(フォルダ)内のファイルの並び順は気持ちが悪い。一括置換するのも様々な事情で難しい。


ところで、他人から送られてくるファイルの中にも、同様に先頭に日付の付いたものがあるが、流儀はいろいろで、中にはこんなのがある。「200804収支報告.txt」。要するに、年月日の年月だけを採用して2008年4月の収支報告、というわけである。いまこのファイル名を見ても、さほど不自然さというか困った感じはしないが、先の6桁ルールに従って読むと、これはそう遠くない将来、2020年8月4日の収支報告と混同するに違いない。

199904 なんとか、も同じかと思いきや、2019年99月という月は存在しないし、1912年に作ったファイルというのもまずないだろうから、この混乱が起こるのは 2001年から2012年までに限られる。すなわち、2001年から2012年までの間に、何の気なしに「4桁年+月+内容.拡張子」のような命名をしたファイルが、2020年に混乱を引き起こすことになり得る。

「2000年問題」の次は、UNIXのtime_t型がオーバフローする「2038年問題」と言われ、多少騒がれ始めているようだが、「2020年問題」はどのくらい認知されているのだろう。検索してみたけれど、これとは関係のない「2020年問題」しか引っかからないので、ここで問題提起。

    ♪ OKAWA Shigeki

    Written by

    Professor, Scientist, Engineer, Amateur Pianist and Father of two sons. 大学教授、科学者、エンジニア、アマチュアピアニスト、二児の父。

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade