3年ぶりにMediumを開いた理由

Mediumに初めて文章を書いたのは2013年の事のようだ。三年間も放置してしまった。

個人的にはこの文字の大きさみたいなものに慣れなくて、いまいちここで文章を書く気になれないでいるのだが、それが良いという人もいるのだから、結局は今まで使ってきたツールの慣れみたいなものに依存するのだろう。

3年経ってMediumは何か変わったのだろうか。

publicationsという機能があって、それを使って複数人でWebメディアやろうよという記事をみて戻ってきてみたのだが、なぜかってそういう機能を探し回ってきた時期が実はあったからだ。

会社で使っているWordpressがハッキングで死んだ事があり、その時期に時前でやることのリスクを感じた。自社サービスではいくつかのラインナップがあり、それぞれを別ドメインで運用していた。別々にサイトを立ち上げるという事をやってきていたが、それだとID管理が煩雑になりすぎるのだ。結果的に、ID管理が個人の裁量に寄せられてしまい脆弱性となって帰ってきてしまう。これは結構辛い。そこで、一つのIDを管理しておけば自分が担当するサイトの管理者としてアクエセスできるというのが理想だった。

結果的に言えば、何かのサービスを上手く活用してやろうという試みは失敗に終わり、Wordpressをマルチサイト化して一元管理しながら運用する方向に決めた。その際にサーバの設定なんかも学び直して以降ハッキングでやられるということはなくなったのだった。

publicationsを見てみたが、その上に企業のサービスをのせるという用途には使えなさそうだった。サービスのブログ部分をこちらで構成するというのには使えるだろうとは思うのだが、上述したIDの分散を避けたいという事を考えると、わざわざそこだけ切り出して運用するというのも現実的ではないなと感じる。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.