書ける人になりたい。

難しいよね。

何か芸を身に付けたい。ところがスタートなんだろうけど、そんなすぐ身に付くものでもなし。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.