This story is unavailable.

「あたりに溶け込むシンプルな世界」/ 言葉の上流にて。 Resonance, you get a lot of harmony out of it.

  • Gino「ここに「時間先生」がやって来たこと、アリくんからも聞いたことがないんだけど蜘蛛さんは、どう?」
  • 蜘蛛「だれに聞いてまわっても、ここではそんなやつのことを知るものはいないさぁ!」

といいながら上の方へ蜘蛛さんは、行ってしまった。

  • Gino「やっぱり、そーうかぁ」

と「この辺でお茶にしよう。」と思わず声に出して一旦、筆を置いた。この自分の声が意外と響いて聞こえたので、先程からここはずいぶん「静かだったんだなぁ」と今更ながら思った。そう感じてくると私の前には「アリくん、蜘蛛さん」という名前や言葉の幻が消え去ったものだけがあった。あざやかにいのちがみなぎるそのままの『コレ』だった。

「ココ」に来るだけで、時を忘れているあなたへ。Ginoも「なんてステキな『場』なんだろう。」と感じている一人です。

ps, Ichiro san Great shot! desu.

言葉の上流のハーモニーを残す写真、大好きです。これからも楽しみにしています。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.